エンタメ情報まとめ minp!
 

24の前奏曲まとめ【イ短調編】

view321

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 多くの作曲家が24の調で前奏曲を作曲しています。国も時代も違いますが調性は同じ。聴き比べてみてください。

  •  
  • 平均律クラヴィーア曲集(へいきんりつクラヴィーアきょくしゅう、原題独: Das Wohltemperirte Clavier)は、すべての長・短調が用いられた前奏曲とフーガから成るヨハン・ゼバスティアン・バッハの鍵盤楽器のための作品集。

    原題の"wohltemperiert(e)"は、鍵盤楽器があらゆる調で演奏可能となるよう「宜しく調律された(well-tempered)」を意味し、必ずしも平均律を意味するわけではないが、和訳は「平均律」が広く用いられている。

    1巻と2巻があり、それぞれ24曲構成で、第1巻 (BWV846~869) は 1722年,第2巻 (BWV870~893) は 1744年に完成した。

  • J.S.Bach - The Well Tempered Clavier: Book I: Prelude and Fugue No.20 in A Minor

    Sviatoslav Richter

     



  • Prelude and Fugue No. 20 in A minor, BWV 889, from Bach's WTC Bk II

    Friedrich Gulda

  • ショパンの「24の前奏曲作品28」は、1839年1月にマジョルカ島で完成した。完成の時期はユリアン・フォンタナ宛の手紙によって確認できるが、着手の時期については明らかでなく1831年から1838年まで諸説ある。出版は1839年の9月になされ、フランス版はカミーユ・プレイエルに、ドイツ版はヨゼフ・クリストフ・ケスラーに献呈された。24曲がすべて異なる調性で書かれているが、これはJ.S.バッハの平均律クラヴィーア曲集に敬意を表したものといわれる。だが、曲の配列は異なっており、ハ長調-イ短調-ト長調-ホ短調-・・・と平行短調を間に挟みながら5度ずつ上がっていくという順序になっている。ラフマニノフ、スクリャービン、ショスタコーヴィチも後に同様な前奏曲集を創作している。

    アンコールピースとして個別に演奏されることもあるが、現在ではむしろ24曲全体で一つの作品と考える考え方が主流であり、全曲通して演奏されることが多い。また曲の構成もほとばしる感情をむき出しにするものもあれば、優雅さや穏やかな心を感じさせるのもあり、全曲通して聞いていても聴衆に単調さを感じさせない。演奏時間は全曲で40~45分程度。

  • Chopin - Prelude Op. 28 No. 2 in a minor

    Alfred Cortot

  • Scriabin 24 Preludes Op.11 - No.2 in A minor

1/2

注目まとめ

  • 演技はもちろん、歌にファッションも!菅田将暉が多彩すぎる!

    若手俳優も数多くいるけど、多才でマルチな活動をしている俳優と言えば、やっぱり菅田将暉!映画やドラマに興味がなくても、菅田将暉の個性的なファッションセンスに魅かれる方も多いのでは??そんな気になる菅田将暉についてチェック!

  • 気になっている「あの人」の本当の気持ち、聞いてみませんか?

    「何となく仲は良いけど、誰か好きな人はいるのかな?」 「なんでプロポーズしてくれないの?」 「本気で付き合ってくれてるの?」 「“あの人”で私は幸せになれる?」 こんな時こそ、電話占いを活用する絶好の機会です。

  • ピース又吉いよいよ2作目発表…お笑い芸人が執筆した小説まとめ

    2015年にブームとなったお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の芥川賞受賞。いよいよ第2作が発表されるそうですね!ネタなどを考える創作センスを持っているお笑い芸人には、実は小説を執筆している人が又吉以外にもいるんです!

  • カズレーザーのセンスがとにかくすごい!まとめ

    最近テレビで見かけない日はないくらい引っ張りダコとなっている、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー。金髪で真っ赤な衣装というインパクトのあるビジュアルだけでなく、実はそれ以外にもとにかくすごい個性の持ち主!カズレーザーのすごいところをまとめてみました!

  • 再ブレイク中の斉藤由貴ってどんな人なんですか?

    ヒット曲「卒業」、スケバン刑事、尾崎豊との恋仲。懐かしい20年前の斉藤由貴にまつわる話題・・・ところがその斉藤由貴が今再ブレイク中なのをご存知ですか?魅力たっぷりの斉藤由貴のまとめ!