まとめ閲覧

croozで大人気のブロガー ”はるしゃん”ことモデル・森暖奈

雑誌「JELLY」、「BLENDA」、「Scawaii!」などの読者モデルとして活躍する
”はるしゃん”こと森暖奈は、croozブログで大人気のブロガーでもありまする。
中でも「万年マイペースダイエット」は超人気。そんな彼女のあれこれをまとめてみました。

  • LOLOL更新日:2013/10/18

view1228

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • はるしゃん、2ヶ月で7キロ減!ダイエット成功の秘訣は?

  • もうダイエットを生活の一部にしてしまおう作戦を決行いたしました\(^o^)/
    とりあえずあたしが心がけたことは
    ・お腹が空いたときだけ食べる
    ・夜は炭水化物を控える
    ・無理しない程度に筋トレ
    ・時間があるときは半身浴をする
    ・マッサージ、ストレッチは毎日欠かさず
    ・エレベーターなどは使わない。絶対に階段!
    ・小腹がすいたらとりあえず水分補給してみる
    ・20時以降はなにも食べない
    ・たくさん歩く
    出典 :はるしゃんこと森暖奈です。ぺこり|ダイエットについて\(^o^)/ by はるしゃん☆森暖奈|CROOZblog
  • croozブログで読める はるしゃんのあれこれ

1/3

おすすめQ&A

  • YATSUI FESTIVAL!2014 総勢172組の出演者大盛況のうち終了!

    ー みんなが集まる音楽コミュニティ[music camp]

    お笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうが主催する、渋谷エリア10会場を連動した音楽とお笑いのエンタテインメントフェス「YATSUI FESTIVAL! 2014」が6月21日(土)開催となった。 やついいちろうは、お笑い芸人としての活動と並行し、ロックフェスではDJとしてもカリスマ的人気を誇る。2014年6月4日には、フェスに先駆けて自身6枚目となるMIXCD「PARTY」をリリース。その豪華な収録楽曲や、tofubeatsとのコラボによる新曲収録などが話題を呼んでいる。 3回目となる自身主催のYATSUI FESTIVAL! 2014では、会場規模も拡大し、全10会場での開催。出演したのは、レキシ、渋さ知らズオーケストラ with 大槻ケンヂ、さくら学院 クッキング部 ミニパティ、日本エレキテル連合、堀江貴文等のミュージシャン、お笑い、アイドル、文化人など。 1日の出演者数としては日本最大級というこのフェスで、昨年の出演者数142組、約4000人の来場者をはるかに上回る出演者数172組、約5,000人の来場者が終日、渋谷エリア10会場を埋め尽くし大盛況のうちに終了した。 会場となったのは、TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-Nest、TSUTAYA O-Crest、7th FLOOR、duo MUSIC EXCHANGE、VUENOS、clubasia、Glad、の9会場と今回から追加となったSOUND MUSEUM VISIONの計10会場。各会場では、ロック、アイドル、そしてお笑いのライブ、トークショーなど多彩なステージを同時に開催。またO-Nest 上のラウンジにはDJ、フードを楽しめるレストスペースも設置されるなど、渋谷の真ん中にフェスが出現。道を挟んだ対面のビルにそれぞれの会場がある環境で、会場同士の移動が非常にしやすいというところもあり、来場した観客はタイムテーブル片手に様々な会場を行き来しながら楽しんでいたようだ。 フェスオープニングを飾るDJやついいちろうのステージではサプライズゲストとして高橋ジョージが登場。名曲「ロード」を披露し、観客によるサビの合唱が巻き起こるなど、会場は一体の空気に包まれた。そしてそのまま高橋ジョージによる「YATSUI FESTIVAL! 2014」開会宣言が行われた。  また、多数の出演者による夢のコラボも実現。O-EASTバンド一発目となる渋さ知らズオーケストラは大槻ケンヂとのライブを披露。レキシのライブでは、庄屋に扮したレキシと農民に扮したやついのMVで話題を呼んだ新曲「年貢 for you feat. 旗本ひろし、足軽先生」に足軽先生こといとうせいこうと俵を持ったやついがゲストとして登場し超満員のO-EASTを年貢コールで沸かせた。そして7th FLOORでは堀江貴文がボーカルとエレキギター、津田大介がベースというやついフェスでしか見れないセッションが実現しTHE BLUE HEARTSの「青空」を熱唱した。 フェスのフィナーレではやついいちろう本人の口から来年(2015年)のやついフェスは6/20(土)、6/21(日)の2デイズ開催という重大発表が飛び出し会場は興奮の渦に包まれた。 最後に出演者全員で、曽我部恵一作曲によるフェスのエンディングテーマ「月が今夜笑ってるから、ぼくらそっと東京の空を見上げる」を歌い、暖かい空気と笑顔の中、今年のやついフェスも幕を閉じた。 そして、今回のやついフェスの模様はフジテレビNEXTライブ・プレミアムとBSフジで放送されることが決定。 詳細はエレキコミック公式サイト「エレキズム」にて後日発表とのこと。フェスに参加した人も参加していない人も、ぜひチェックしてほしい。 エレキコミック公式サイト「エレキズム」:http://elecomi.com/ ■やついいちろうコメント 今年のやついフェス、たくさんの出演者の皆さんに参加して頂いて、たくさんのお客さんにも来て頂けて感謝しています。今回は、今までにもまして早い段階でチケットが売り切れたことが本当に嬉しかったです。 ゲストが発表される前にも関わらず多くの方に購入して頂けたというのが、「やついフェス」というもの自体が浸透して、楽しいんだってことが皆さんの中で伝わってくれているのかなと思って嬉しいですね。 来年は2DAYSでの開催となります。思い切って2DAYSで渋谷を完全にJACKして新しいこと、楽しいことをどんどんやっていきたいと思っています。これまでのやついフェス最大、1万人を集める渋谷最大のイベントにしていきたいなと思っていますのでまた遊びに来て頂けると嬉しいです。来年もお楽しみに! やついいちろう 出演アーティスト: ■<MUSICIAN> DJやついいちろう、赤い公園、アカシック、アルカラ、イツエ、いとうせいこう、大槻ケンヂ、踊ってばかりの国、快速東京、かせきさいだぁ&ハグトーンズ、かみぬまゆうたろう、嘉門達夫、Charisma.com、カルメラ、GUEEN、くうきにみつる、クウチュウ戦、グッバイフジヤマ、栗コーダーカルテット、黒木渚、GEZAN、KETTLES、GeroBAND、GOING UNDER GROUND、後藤まりこ、SAKANAMON、The SALOVERS、ザ・チャレンジ、THE BOHEMIANS、篠原ともえ、渋さ知らズオーケストラ、シャムキャッツ、住所不定無職、水曜日のカンパネラ、スカート、セカイイチ、曽我部恵一、高橋ジョージ、ダブルオー・テレサ、タルトタタン、チャラン・ポ・ランタン、DJみそしるとMCごはん、D.W.ニコルズ、DPG、堂島孝平、tricot、中村一義(Acoustic set)、南波志帆、ニューロティカ、人間椅子、NONA REEVES、ハイスイノナサ、バクバクドキン、パスピエ、ハナエ、HINTO、phatmans after school、Who the Bitch、Bryan Associates Club、FLY OR DIE、ポカスカジャン、ホナガヨウコ企画、bonobos、ホフディラン、魅起法則、宮本菜津子(MASS OF THE FERMENITING DREGS)、MOP of HEAD、MOROHA、夜明ケマエ、吉村潤、Lantern Parade、レキシ、ROMANCREW、RON RON CLOU、忘れらんねえよ、ワンダフルボーイズ ■<OWARAI> 阿佐ヶ谷姉妹、アナログタロウ、アメリカザリガニ、Yes-man、ウエストランド、うしろシティ、江戸むらさき、エレ片(エレ片劇団)、エレキコミック、エレファントジョン、鬼ヶ島、カオポイント、起(笑)転結、キック、くじら、ゴールドラッシュ、サイクロンZ、THE GEESE、360°モンキーズ、三四郎、三拍子、ジグザグジギー、磁石、少女ジャンプーズ、新生軟式globe、スタンプラリー、スパローズ、TAIGA、田上よしえ、ダブルブッキング、ツィンテル、東京アヴァンギャルド、どぶろっく、ナイツ、永野、流れ星、日本エレキテル連合、爆烈Q、花香よしあき、はなわ、ハマカーン、ビックスモールン、風藤松原、藤子、ホシカワ、マシンガンズ、街裏ぴんく、モンブランズ、安本精肉、ゆってぃ、ラブレターズ、レッスン祐輝 ■<IDOL> アップアップガールズ(仮)、エレクトリックリボン、危険日チャレンジガールズ!、吉川友、さくら学院 クッキング部 ミニパティ、Salia、さんみゅ~、瞬間リアライズ、白幡いちほ&最終未来兵器mofu、SMALL BOYS、Negicco、DJ mnks(田名部生来AKB48)、デスラビッツ、東京女子流、並木橋Hi-School、hy4_4yh、爆乳ヤンキー、バニラビーンズ(BAND編成)、濱野智史プロデュースPIP(Platonics Idol Platform)、バンドじゃないもん!、風男塾、BELLRING少女ハート、MIKA☆RIKA、lyrical school、LinQ、ワンリルキス ■<CULTURE> 麻美ゆま、宇野常寛、ゲッターズ飯田、しまおまほ、しりあがり寿、杉作J太郎、津田大介、濱野智史、堀江貴文、堀潤、宮沢章夫、望月哲、吉田豪 ■<DJs> OL Killer、片平実(Getting Better) 、タカラダミチノブ、松田”CHABE”岳二 (Cubismo Grafico)、RAM RIDER <公演概要> 『YATSUI FESTIVAL! 2014』 日程:2014年6月21日(土)12:30開場/開演(11:00リストバンド交換開始) 会場:TSUTAYA O-EAST/TSUTAYA  O-WEST/TSUTAYA O-nest/TSUTAYA O-Crest/duo MUSIC EXCHANGE/7th FLOOR/club asia/VUENOS/Glad/SOUND MUSEUM VISION チケット取扱・料金:イープラス   ◆一般販売 4月5日(土)~一般販売価格 \6,500(1D別) 主催:やついいちろう 制作:シブヤテレビジョン、トゥインクル・コーポレーション 協賛:株式会社エンタテインメントプラス、LINE6 JAPAN 協力:ビクターエンタテインメント、カルチャー・オブ・エイジア、SOUND MUSEUM VISION、7th FLOOR、duo MUSIC EXCHANGE、TBSラジオ&コミュニケーションズ お問合せ:TSUTAYA O-EAST:03-5458-4681 「YATSUI FESTIVAL! 2014」オフィシャルホームページ  http://yatsui-fes.com/ ◆DJやついいちろう(エレキコミック) [プロフィール] 1997年エレキコミック結成。やついいちろうが音楽好き、相方の今立進が漫画好きだったことがコンビ名の由来。音楽好きで友人も多く、お笑い界一音楽業界に顔の広い(?)芸人とも言われている。 友人でもある曽我部恵一氏の勧めでDJを始め、2005年「COUNTDOWN JAPAN 05/06」DJブースにてフェスデビュー。以後、夏の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」、冬の「COUNTDOWN JAPAN」にはゲストDJとして欠かさず出演。SNSやコミュニティ等でも「DJやついを見るために毎年フェスに行ってます!」「ベストアクト」との声も多い。エレキコミックとしての活動と平行し、音楽イベントのDJとしても全国を駆け回っている。 2005年には曽我部恵一氏のプロデュース・作曲でエレキコミックとして、オリジナルアルバム「エレベスト」発売。2009年にDJとしてCDデビュー、MIXCD「DJやついいちろう①」をリリース。続く「ATARASHII YATSU!」、「ゴールデン・ヒッツ」、「PLATINUM DISC」、「YATSUI FESTIVAL!」、2014年6月4日には最新MIXCD「PARTY」がリリースとなり6枚のMIXCDが好評発売中。

    • 質問者:八木 和哉
    • 更新:1分前