中島美嘉「僕が死のうと思ったのは」の魅力を探ってみる!

先日期間限定でPVがフルで公開されるなど、話題の絶えない新曲「僕が死のうと思ったのは」。
その内容も何度も聴いて、噛み締めたくなる一曲。中島美嘉の新たな代表作になりそうだ。
今回はそんな作品に色々な角度から迫ってみよう。

view5453

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 改めて、【中島美嘉】というアーティスト。

  • 中島美嘉 (なかしまみか) (ナカシマミカ)

    83年生まれ、鹿児島県出身の俳優/シンガー。 01年、TVドラマ『傷だらけのラブソング』のヒロイン役に3000人の中から大抜擢。11月には、このドラマの主題歌「STARS」で歌手デビュー、ドラマ・主題歌共に大ヒットとなり、瞬く間に中島美嘉の名が世間に知れ渡る。以降、リリースされるシングルすべてがヒット。02年の1stアルバム『TRUE』はチャート1位に輝く。歌唱力の点ではアイドルの域を超えて…
    記事全文を読む
  • 「僕が死のうと思ったのは」について

  • 中島美嘉の新曲“僕が死のうと思ったのは”を、気鋭のロック・バンドであるamazarashiの中心人物、秋田ひろむが手掛けたことがあきらかとなった。
    この楽曲は、秋田が以前から自分の手元に温めていたという、衝撃的なタイトルのロッカバラード。〈やるせなさ〉や〈哀しみ〉が見え隠れする何気ない日常において、それでもこの世界に期待し、最後には〈愛する人と生きて行きたいから〉と救いの光を灯す、どん底の境地から光を導く愛の歌だという。秋田は中島サイドから楽曲提供のオファーを受け、この曲を最初に提示。するとデモを聴いた中島本人が「素晴らしい曲。この曲は、是非最後まで聴いて欲しい。じゃないと絶対伝わらない」と涙を浮かべながら感想を漏らし、この歌を歌う覚悟を決めたという。
    出典 :中島美嘉、新曲“僕が死のうと思ったのは”はamazarashi秋田が提供 - TOWER RECORDS ONLINE
  • 歌詞、深すぎて泣けます。

1/3

おすすめQ&A

  • 思い出の洋楽ロックランキング

    ー みんなが集まる音楽コミュニティ[music camp]

    みなさんが聞いて心に残った洋楽ロックをランキング形式で教えて下さい。

    • 質問者:babyg
    • 更新:1分前