エンタメ情報まとめ minp!

個性と実力に注目!2015年にブレイクしたアーティスト5組

2015年も残り2か月。今年も長年の下積みを経てブレイクしたアーティストが数多く登場しました。今年のキーワードは「実力」と「個性」。その両方を兼ね備えたアーティストを様々なジャンルから5組紹介します。

■モデルや女優としても活躍する「西内まりや」

昨年8月にシングル「LOVE EVOLUTION」でデビュー。4か月後にはレコード大賞の最優秀新人賞を受賞し、話題となりました。
初のTOP10ヒットとなった3rdシングル「ありがとうForever...」は自ら作詞・作曲を手がけた、ピアノの弾き語りバラード。ふくよかな歌声が魅力です。モデルや女優としての人気に頼ることなく、歌一本で勝負する潔さには好感が持てます。最新シングル「Save me」は話題のドラマ「エンジェル・ハート」の主題歌です。

■ニコニコ動画で脚光を浴びた「米津玄師」

2008年から「ニコニコ動画」に「ハチ」の名前で投稿。オリジナルの楽曲や歌声を披露していました。2013年にメジャーデビュー。今年に入ってからCMで使われた「Flower Wall」や「アンビリーバーズ」が連続してシングルチャートのTOP10に入りました。以前から実力は高く評価されていましたが、昨年末、初となるツアーの経験が楽曲に反映され、より親しみやすくメロディアスになりました。

■名前負けしない実力を持つ「キュウソネコカミ」

昨年、「ゲスの極み乙女。」がメジャーデビューした時、そのグループ名がインパクトを与えたように、2015年は「キュウソネコカミ」という名前がシーンに轟きました。温泉について歌った「OS」など、歌詞は個性的でありながらサウンドは正統派。7月にリリースされたメジャー初のシングル「MEGA SHAKE IT」は、あのゴールデンボンバーがブレイクするきっかけとなったCMに使われました。

■本格派ガールズグループ「Little Glee Monster」

ガールズグループが全盛となって久しい中、ワタナベエンターテインメントが本格派を目指して結成したのが、「Little Glee Monster」です。
メンバーは中学生から高校生の女の子6人。9月に発売された最新シングル「好きだ。」は合唱をテーマにしたドラマの主題歌に使われ、初のTOP10ヒットとなりました。彼女たちの真っ直ぐで透き通る歌声の魅力は、テレビで時々披露するアカペラで最も発揮されます。

このように、2015年は実力があり、かつ個性が際立ったアーティストがブレイクしました。まだ、人気アーティストの仲間入りを果たしたばかりですが、彼らの魅力は、やがてシーンを席巻することでしょう。2016年の活躍が楽しみです。

  • minp!音楽ニュース(2015年10月29日)
  • 制作協力:okmusic UP's