エンタメ情報まとめ minp!

藍井エイル、台北・香港でのワンマンも大成功、現地語での歌唱も

藍井エイルの世界ツアー“Eir Aoi ROCK THE WORLD 2015”が、2015年10月24日(土)に台北、25日(日)に香港で開催された。


7月のパリから始まり、ロンドン、サンフランシスコ、フィリピンなどのイベント出演を交えながら続いてきた藍井エイルの世界ツアー。今回の単独ライブは、まず24日(土)台北・Att Show Box 文創立方にて、バンドメンバー3名を引き連れて行われた。チケットは15秒でSOLD OUT、1,200人が集結したライブのMCでは「食事は何がお勧め?」と語りかけ、各所からいろいろな回答が寄せられる場面もあり、バンドメンバーはその日の夕食を楽しみにしていたという。

翌日には、香港・MacPherson Stadiumにてライブを開催。いつものようにSEと共に、メンバーに続いてステージに上がった藍井エイルは、「IGNITE」や「INNOCENCE」「虹の音」を歌唱。「虹の音」では“ありがとう”というフレーズを各国語に翻訳して歌うスタイルが定着しており、台北・香港でも現地語で歌って会場を沸かせた。他にも「ラピスラズリ」「シンシアの光」などを歌い上げ、約2時間のワンマンライブを終えた。

藍井エイル初の世界ツアー2015は、12月6日のメキシコと、2016年1月9日のシンガポール公演をもって締めくられる。また、2015年10月28日には11thシングル「シューゲイザー」をリリース、そして11月2日(月)には初の日本武道館公演を行う。なお、武道館公演のチケットはすでにSOLD OUTになっているとのこと。

その他、藍井エイルの最新情報については、公式サイト(http://www.aoieir.com/)をチェックしよう。

  • minp!音楽ニュース(2015年10月28日)
  • 制作協力:okmusic UP's