エンタメ情報まとめ minp!

超特急、『ガールズアワード』で圧巻のパフォーマンス披露

10月24日、国立代々木競技場第一体育館で開催された日本最大級のファッション&音楽イベント『GirlsAward 2015 AUTUMN/WINTER」に超特急が出演。異色の全力パフォーマンスを披露した。

ステージ後方のモニターに「超特急」と映し出されると、3万4000人が集まった会場から大きな歓声が上がり、ライヴがスタート。ロング丈のシャツやミドル丈のタートル、白のMA-1やスウェットパンツなど、秋冬のトレンドを感じさせるファッションに身を包んだメンバーが、スモークの中から現れる。

1曲目はドラマ『探偵の探偵』の主題歌となったハードロックナンバー「Beautiful Chaser」。5人のメインダンサーによる緊張感のあるダンスと、激しく美しく伸びるバックボーカルの歌声で会場中を魅了する。

曲が終わると、今度は元気いっぱいに「はじめまして、僕たちは超特急です!」と挨拶。集まった8号車(ファンの総称)の合いの手が入ったお決まりの自己紹介を行い、“アウェイ"な会場をいつの間にか超特急のペースにもっていく。1号車・コーイチが「GirlsAwardにやってまいりました!僕たちのファンの方を8号車と言います。今日は8号車じゃない方も、一緒に楽しんでいきましょう」と呼びかけると、「今日だけは、全員8号車です!」と2号車・カイ。続いて、6号車・ユースケが観客に振りをレクチャーして、ハイテンションなナンバー「バッタマン」へ。ユースケが奇声を発しながらコミカルなパフォーマンスを見せて観客の注目を集め、ワンコーラスを終えたところで、今度は7人全員がランウェイを全力ダッシュしてアリーナ中央まで躍り出る。サビでは観客も一体となって振りを踊り、10分間で2曲という短い時間ながら、会場中を巻き込んだ圧巻のステージを終えた。

連日各メディアが取り上げ、ブレイク街道を突き進んでいる超特急。2015年12月23日&24日には、この『GirlsAward』も行われた国立代々木競技場第一体育館で2日間にわたるワンマンライヴ『超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜』を開催する。

【超特急メンバー コメント】

■1号車・コーイチ
『GirlsAward』をしっかり盛り上げようと、みんなで決意して臨みました。笑顔になってくれる方が多くてうれしかったです。それと、年末のワンマンライブに向けて、初めて代々木体育館のステージを冷静に見れた気がしました。

■2号車・カイ
豪華なアーティストがいらっしゃる中に、僕たちも出演させていただけて、すごく光栄です。「バッタマン」でたくさんの方が振りをやってくださって、みんなで一体になれたんじゃないかなと思います。すごく素敵な空間でした。

■3号車・リョウガ
1人でも多くの方々に楽しんでもらって、超特急を知ってもらおうって気持ちで臨みました。超特急らしさと意外性をフルマックスで出せたと思います。代々木体育館でのワンマンライブに向けても想像が広がって、ワクワクしました!

■4号車・タクヤ
メインであるモデルさんの舞台を華やかにすることはもちろんなんですけど、僕たちは“超特急らしさ”を見せていこうと。いい意味で“超特急らしく"、ぶち壊し精神でパフォーマンスできたんじゃないかなと思います。

■5号車・ユーキ
2年前にオープニングアクトで出演したんですが、また戻ってこれて、すごくうれしいです。モデルの皆さんがカッコよく歩くランウェイを、僕たちは本当に“RUN”しました。すごく気持ちよくて、テンション上がりました!

■6号車・ユースケ
ステージに立っている10分間、本当に幸せでした。いつものライブはイメージカラーが強い衣装なんですけど、今回はすごくカッコいいオシャレな服装でパフォーマンスして。これでまた、超特急の幅が広がるといいなと思います。

■7号車・タカシ
あんまり憶えてないくらい、めちゃくちゃ楽しかったです! 短い時間だったけど、初めて見た方に「なんや、こいつら!?」って思ってもらえたんじゃないかと思っています。“たかが"2曲ですけど、“されど”2曲ですから!

12月23日(祝水) 東京 国立代々木競技場 第一体育館
開場 17:00/開演 18:00
12月24日(木) 東京 国立代々木競技場 第一体育館
開場 18:00/開演 19:00

  • minp!音楽ニュース(2015年10月25日)
  • 制作協力:okmusic UP's