エンタメ情報まとめ minp!

【アニソン】聴きたい曲が分からない…そんなアナタにおすすめ曲5選

アニソンとはアニメソングの略で、日本が発祥の音楽ジャンルのひとつです。海外でも日本のアニソンは評価が高く、世界中のアニメファンを虜にしている音楽文化です。そんなアニソンですが、あまり聴いたことがないという方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめしたい曲を紹介します!

■DEEN「ひとりじゃない」:『ドラゴンボールGT』エンディングテーマ

ご存知、『ドラゴンボール』は鳥山明原作のヒット作です。漫画の連載が終わってもアニメは終了せず、続編が作られたほどの人気で、週刊少年ジャンプの黄金期を支えた漫画のひとつです。1984年に連載を開始しましたが、現在でも世代を超えて子供たちに人気が高く、親子でドラゴンボールファンという家族も多いようです。そんなドラゴンボールの主題歌の中でおすすめしたいのが、DEENの「ひとりじゃない」です。この曲はドラゴンボールZの続編、ドラゴンボールGTの初期エンディングテーマに起用されていました。曲調はゆったりとしており、アニソンに抵抗がある方でもJ-POPの感覚で聴くことができます。是非、この曲からアニソン、そしてアニメの世界に足を踏み入れてみてはどうでしょうか?

■山根麻衣「THE REAL FOLK BLUES」:『カウボーイビパップ』エンディングテーマ

アニソンは子供が聴くもの…と思っている方にもおすすめなのが『カウボーイビバップ』のエンディング曲、山根 麻衣が歌う「THE REAL FOLK BLUES」です。この『カウボーイビパップ』はSF映画のようなストーリー構成で、使われている挿入音楽もジャズがほとんどです。子供目線で作られているアニメではないので、大人にこそ見てほしいアニメです。そしておすすめしたいアニソンはエンディングテーマの「THE REAL FOLK BLUES」です。ひとりでしんみりしたい、という時に是非聴いてみてください。

■高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」:『新世紀エヴァンゲリオン』オープニングテーマ

新世紀エヴァンゲリオンはあのガンダムと並ぶ、ロボットアニメに革命をもたらした作品です。ロボットの動きや格好良さだけでなく、父親におびえる内気で臆病な主人公の成長も楽しめるアニメになっています。
このエヴァンゲリオンを有名にしたのがオープニングテーマで主題歌でもある「残酷な天使のテーゼ」です。この曲は女性にも好きな方が多く、カラオケランキングでも常に上位にランクインしているアニソンのひとつです。歌詞もエヴァンゲリオンに沿った内容となっており、アニメをみたら絶対歌いたくなる、そんな曲になっています。

■FIRE BOMBER「突撃ラブハート」:『マクロス7』劇中歌

『マクロス7』は90年代後半にヒットした『時空要塞マクロス』の続編です。マクロスシリーズでは歌がひとつのテーマとなっており、戦闘機に乗った主人公が敵の異星人に歌を聴かせるというちょっと変わったアニメ作品となっております。
この『マクロス7』で使われた曲はロックなテイストのものが多く、中でも「突撃ラブハート」はおすすめしたい1曲です。作品中ではヒロインとディエットしているので、カラオケで彼女や友達と一緒に歌うのもいいかもしれませんね。

■Nujabes feat.Shing02「Battlecry」:『サムライチャンプルー』主題歌

『サムライチャンプルー』は2000年前半に放送されたアニメで、特に男性に人気がありました。タイトル通りサムライが主人公となっており、現代と江戸をミックスしたような世界がアニメの舞台となっております。この主題歌「Battlecry」はそんな複雑な世界観をうまく表現しており、現代的なラップ調での曲です。
普通のアニソンとは違うテイストになっており、アニメを観たことがない人は普通のヒップホップだと思うでしょう。この曲を知っていればアニソンマニアと言っても過言でありません。

アニソンを聴いたことがない、何を聴いていいかわからないという方に向けて、おすすめのアニソンをご紹介しました。これを機に是非、アニソンも聴いてみてはいかがでしょうか。

  • minp!音楽ニュース(2015年10月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's