エンタメ情報まとめ minp!

服部隆之氏がドラマ「下町ロケット」にテーマ曲提供、TBS池井戸ドラマは三度目

10月18日(日)よる9時からスタートする池井戸潤原作ドラマ・日曜劇場「下町ロケット」。このたびドラマのメインテーマ曲を作曲家の服部隆之氏が手掛けることが決定した。


服部氏はこれまでにも、13年放送の「半沢直樹」、14年放送の「ルーズヴェルト・ゲーム」のメインテーマ曲を手掛けており、今回がTBS池井戸ドラマ・三度目の楽曲提供となる。

このドラマは「池井戸潤・絶対の代表作」とも評される直木賞受賞作が原作で描かれる、夢を諦めない中小企業が、銀行融資、特許訴訟、企業買収、大企業との駆け引きなど、現代の日本の中小企業の抱える問題に直面し乗り切とうと奮闘する姿を、父親が遺した「佃製作所」の二代目社長となった主人公・佃航平(阿部寛)と、その娘・佃利菜(土屋太鳳)らが演じる感動作。

テーマ曲を担当した服部氏は「小さな会社が作り出した、特許を取るような素晴らしい技術で大企業に競り勝っていく様子。また男たちの対決、企業と企業の対決という、ある種厳しい世界観を描いていく曲になっていると思う。」と語っており、今回の楽曲によって物語が更に重厚に、味わいを深めていく。

服部隆之氏の「下町ロケット」メインテーマ曲は、TBS日曜劇場「下町ロケット」公式ホームページ(http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/)で映像と共に視聴可能。

日曜劇場「下町ロケット」は10月18日(日)よる9時よりTBS系で初回2時間SPが放送される。

※文中の服部隆之の「隆」の字は、「隆」の異体字です。

  • minp!音楽ニュース(2015年10月17日)
  • 制作協力:okmusic UP's