エンタメ情報まとめ minp!

大原櫻子「関ジャム」にて斉藤和義と初対面で興奮と緊張の絶頂状態に

テレビ朝日系「関ジャム 完全燃SHOW」の2015年10月18日(日)放送分に、斉藤和義と大原櫻子がゲスト出演、水野良樹(いきものがかり)が講師として登場する。


今回は、斉藤和義が2010年のヒット曲「ずっと好きだった」にて、安田章大(ギター)、錦戸亮(ギター)、大倉忠義(ドラム)と贅沢なストレートロックを披露。そして、大原櫻子は“第93回全国高校サッカー選手権大会”の応援歌にもなった「瞳」にて、渋谷すばる(ボーカル)、村上信五(キーボード)、安田(ギター)と伸びやかなジャムセッションを展開する。

トークでは、大原が斉藤の大ファンであることを告白するも、実は本人に会うのは初めてということで、興奮と緊張の絶頂状態に。そんな大原が本人の目の前で、斉藤の魅力について熱く語る。一方、斉藤は“手フェチ”であることを告白。女性にいちばん魅力を感じるのが手で、中でもいわゆる“指えくぼ”が好きだということで、写真を使って事細かに手の好みを解説するほか、一流楽器メーカー「ギブソン」で作ってもらった自身のモデルギター4本を持参し、エフェクターによって変わる音色を実演も交えながら解説する。

なお今回も、様々なグッズに詳しい松橋周太呂(ジューシーズ)が登場し、斉藤と大原の悩みを解決するべく、とっておきの掃除グッズを惜しみなく紹介する。さらに、関ジャニ∞が音楽について学んでいくコーナー「“音学”完全燃SHOW」には、水野良樹(いきものがかり)が講師として登場。作詞も作曲も手掛ける水野が「“一瞬で”人の心を掴むためのテクニック」をレクチャーする。

番組の詳細については、公式サイト(http://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/)をチェックしよう。

  • minp!音楽ニュース(2015年10月17日)
  • 制作協力:okmusic UP's