エンタメ情報まとめ minp!

秋元才加「牙狼<GARO>」10周年記念作で主題歌担当「自分の歌声がどうハマっていくのか楽しみ」

2015年11月14日(土)新宿バルト9他にて全国ロードショーとなる劇場版『媚空-ビクウ-』の主題歌が、同作の主演を務める秋元才加の「繊月~光と闇の傍で~」に決定し、新テレビスポット映像も解禁された。


劇場版『媚空-ビクウ-』は、2005年のTV初放送から続く超ロングヒットシリーズ「牙狼<GARO>」の10周年記念作品。「牙狼<GARO>-魔戒ノ花-」から派生したキャラクター“媚空”を主人公にし、秋元才加の肉体美と身体能力を存分に活かしたアクションシーン、推理や謎解きを絡めたミステリアスな物語の展開など、これまでのシリーズにはない魅力に満ちた意欲作に仕上がっているという。

「繊月~光と闇の傍で~」がこのたび主題歌に決定したことについて、秋元は「自分の歌声が映画のエンディングになるということで、すごい光栄だなと思っています。牙狼ワールドに自分の歌声がどうハマっていくのか楽しみです。歌詞にも楽曲にも、それを含めて今回の媚空が何を伝えたいかが含められている気がするので、最後までその歌詞を聞き取ってメッセージを受け取ってもらえると嬉しいです。」とコメントしている。

デビュー当時から歌唱力には定評のある彼女だが、最近ではミュージカルでの生歌がうますぎるとファンの間で話題になるほど。なお「繊月~光と闇の傍で~」は、劇場版の公開に先駆けて、10月21日より主要サイトでの配信が決定している。

劇場版『媚空-ビクウ-』の最新情報については、公式サイト(https://garo-project.jp/BIKUU/)をチェックしよう。


(C)2015 「媚空」 雨宮慶太/東北新社



※記事初出時、一部誤りが御座いましたため、修正させて頂くとともに謹んでお詫び申し上げます。

  • minp!音楽ニュース(2015年10月16日)
  • 制作協力:okmusic UP's