エンタメ情報まとめ minp!

ユニコーン、赤塚不二夫の半生を描いた映画主題歌を書き下ろし

4月30日(土)に公開される映画『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』の主題歌にユニコーン書き下ろしの新曲「ぶたぶた」が起用されることが明らかになった。

小学館の名物編集者・武居俊樹の原作『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』に脚色を加え、映画化した本作は、『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』『天才バカボン』など数々のヒット漫画を生み出し、日本中から愛される“ギャク漫画の王様”=赤塚不二夫との35年間にわたる交流を描いた作品で、映画では赤塚不二夫役を浅野忠信、また武居氏本人の役は女性に置き換え、赤塚氏の担当編集者へと成長していく武田初美役を堀北真希が演じている。
2人の衝撃的な出会いから、“ギャク漫画”はどのようにして生み出されたのか、漫画以上にギャグだった人間・赤塚不二夫の生き方まで、編集者側の目線で綴られている。

そんな見どころ満載の本作主題歌の作曲を手掛けたユニコーンの阿部義晴は、「赤塚さんの作品を観ながら作曲したのだ。全国の子供たちにも聴いてほしいですのだ。」とバカボンのパパ風にコメント。
幼少の頃より赤塚不二夫作品に触れ、ファンであることを公言するユニコーン・メンバーが当時の想いを大切に、ポジティブで遊び心いっぱいの一曲に仕上がっているとのことだ。

なお「ぶたぶた」はユニコーン久々のニュー・シングルとして4月27日に発売が決定している。

■映画『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』
2011年4月30日(土)全国公開!!
(C) 2011「これでいいのだ!!」製作委員会
公式サイト:www.iinoda.jp

  • minp!音楽ニュース(2011年02月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's