エンタメ情報まとめ minp!

ケルティック・ウーマン、5月公開映画『プリンセス トヨトミ』のEDテーマに

ケルティック・ウーマンが5月28日公開の映画『プリンセス トヨトミ』のエンディング・テーマを担当することが明らかになった。

400年続く壮大な歴史を背景に描かれたエンターテインメント作品『プリンセス トヨトミ』は人気作家・万城目学のベストセラー小説を堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、中井貴一ら豪華キャストによって映画化。ケルティック・ウーマンは本作のために書き下ろされた「Princess Toyotomi〜永遠の絆(きずな)」を歌う。

映画プロデューサー 土屋健氏によれば「イメージ通りの素晴らしいもの」に仕上がったという壮大な世界観を持つこの曲は、5月25日発売のケルティック・ウーマンのニュー・アルバム『ビリーヴ〜永遠の絆(きずな)』に収録される。

また、2005年のデビュー以来、全世界で350万枚以上のアルバムを売り上げている彼女達だが、意外にも映画音楽に携わるのは今回が初めて。
メンバーのクロエは、「はじめてこの曲を聴いた時からスタジオで録音するまで、全てが初めての経験だったので、何もかもが新鮮でドキドキしました。映画館でエンドロールを見ながら自分の歌声が流れてくるのが昔からの夢だったんですもの!」と喜びを語っている。


【リリース情報】
2011年5月25日発売
ケルティック・ウーマン『ビリーヴ〜永遠の絆(きずな)』
[収録内容]
アルバム・コンセプトである「人と人との絆」をテーマに、映画『プリンセス トヨトミ』エンディング・テーマ曲「Princess Toyotomi〜永遠の絆(きずな)」をはじめ、2006年にフィギュア・スケートの荒川静香選手のエキシビション使用曲として話題になった「ユー・レイズ・ミー・アップ」、ケルティック・ウーマンのこれまでの人気曲と「星に願いを」「ブラームスの子守歌」他、耳なじみのある癒しの新曲を織り交ぜた内容。

  • minp!音楽ニュース(2011年02月21日)
  • 制作協力:okmusic UP's