エンタメ情報まとめ minp!

「渇望メソッド」キャラCDより興津和幸さんインタビュー到着「「モテる」と思われて損をするタイプなんだろうな」

「オトメイトレコード」発のキャラクターCDとして、9月30日にリリースされた『渇望メソッド、こない待ち人 vol.3 双子の兄』より、“春木”役・興津和幸さんのオフィシャルインタビューが到着した。


オトメイトとティームエンタテインメントによる新たな女性向けレーベル「オトメイトレコード」では、第1弾として「渇望メソッド」「ピリオドキューブ」「PsychicEmotion6(サイキックエモーション ムー)」の3タイトルを展開。いずれも同じスケジュールにて、全6枚のキャラクターCDが6カ月連続でリリースされる。なお、『渇望メソッド、こない待ち人 vol.3 双子の兄』のジャンルは“吸血の快楽に囚われるCD”となっており、“そらる”が歌う「ENDLESS LONELINESS」(Short ver.)を含む全6トラックが収められている。

各タイトルの詳細については、レーベル公式サイト(http://www.otomate-records.jp/)をチェックしよう。

■『渇望メソッド、こない待ち人 vol.3 双子の兄』 興津和幸さんオフィシャルインタビュー

とても楽しい収録でした。思っていたよりも早く終わってしまい、ちょっとさみしいくらいです(笑)。
もっと演じたかったと思うのですが、振り返ってみるとかなり充実したストーリーだったと思います。

感情を表現することが苦手な春木ですが、発する言葉の端々に主人公への秘められた想いが詰まっていて、
とても演じ甲斐がありました。弟の夏木と同じ女の子を想っていることで、
その三角関係をいつももどかしく感じているんだと思うんです。
今回のCDで、彼女とふたりきりになって、その抱えていた想いが解き放たれた瞬間の春木は可愛かったですね。
春木と夏木は、顔がよく似ているのに表情がまったく違っていて、きっと春木のほうが周囲から勝手に
「モテる」と思われて損をするタイプなんだろうなと思いました(笑)。

CDで描かれていない部分が非常に気になるストーリーになっています。
もし『vol.3』から購入されたという方がいらっしゃったら、ぜひ『vol.1』からチェックしてみると、
より深い世界観を体験していただけるのではないかなと思います。よろしくお願いします。



(C)IDEA FACTORY/axcell

  • minp!音楽ニュース(2015年10月04日)
  • 制作協力:okmusic UP's