エンタメ情報まとめ minp!

MACOがフランス映画の主題歌を担当「私自身とリンクする部分がたくさんありました」

2015年10月31日(土)より全国公開となる映画『エール!』の主題歌「青春の翼」の日本語版を、シンガーソングライターのMACOが担当することが決定、YouTubeにて特別映像が公開された。


MACOは、テイラー・スウィフトの「We Are Never Ever Getting Back Together」の日本語カバーで話題を集め、2014年7月発売のメジャーデビューミニアルバム『23』がオリコンウィークリーランキングでTOP10入りを果たすなど人気に。2015年11月4日には、1stフルアルバム『FIRST KISS』のリリースも決定している。

自身初となる映画とのコラボレーションが実現したMACOは、映画について「映画を観る前、主人公ポーラ以外の家族は耳が聴こえない設定ということで、どんなストーリーで、どんな展開をするんだろうと思っていたんですが、映画は笑いあり涙ありでラストは大号泣でした。私は北海道出身で歌手を目指すために上京したんですが、ポーラと自分が重なってしまって、母親の顔を思い浮かべながら映画を観させていただきました。」とコメント。

また、主題歌については「私自身の想い、両親への想いそして映画の中でポーラが『青春の翼』を歌うシーンを思い出しながら、歌詞を書きました。映画のシーンはもちろんのこと、私自身とリンクする部分がたくさんありました。私もポーラの愛する両親に対する想いのように、(私自身の想いを)歌詞に投影しました。私が日本語版を担当させていただきました『青春の翼』を是非皆さん、お聴きください。」とメッセージを寄せている。

映画『エール!』は、2014年12月17日にフランスで公開されるやいなや、4週連続1位、12週連続でTOP10入りを果たし、“フランス映画祭2015”では観客賞を受賞。劇中でポーラを演じるのは、映画初出演ながら主演に抜擢されたルアンヌ・エメラ。人気歌オーディション番組で注目を集めた彼女は、セザール賞、リュミエール賞で最優秀新人女優賞をW受賞しているほか、歌手としてもデビューアルバムが異例の60万枚セールスを突破するなど、フランスでは一大センセーションを巻き起こしている。映画の詳細については、公式サイト(http://air-cinema.net/)を参照されたい。

なお、MACOが歌う日本語版主題歌「青春の翼」は、前述の1stフルアルバム『FIRST KISS』に収録。アルバムは初回限定盤(CD+DVD)と通常盤(CD)の2タイプでのリリースとなる。

■映画『エール!』特別予告編【♪MACO「青春の翼」主題歌日本語版】
https://youtu.be/vYdVpFvsohk

(C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinema-Quarante 12 Films-VendOme Production-Nexus Factory-Umedia

  • minp!音楽ニュース(2015年10月02日)
  • 制作協力:okmusic UP's