エンタメ情報まとめ minp!

新世代のロックアーティスト・焚吐が12月にメジャーデビュー決定

某有名芸術学部に通う若干18歳の大型新人・焚吐(タクト)が12月2日にシングル「オールカテゴライズ」でメジャーデビューすることが決定した。

CDのリリースに先立って10月7日より同曲のTVサイズ音源も先行配信されるとのこと。焚吐は1997年2月20日生まれ、東京都出身の18歳で某有名芸術学部に在学中の現役大学生だ。小学4年生でギターに目覚め、1年後には自身で作詞作曲をするようになる。そして2012年にビーイング主催のオーディション「トレジャーハント〜ビーイングオーディション2012〜」に参加し審査特別賞を受賞。なんと曲のストックは既に100曲にものぼる。

デビュー曲となる「オールカテゴライズ」は焚吐自身が作詞作曲し、編曲はボカロPとしてニコニコ動画やYouTubeなどの動画投稿サイトで絶大な人気を集めている"Neru"が手掛けた[シンガーソングライター×ボカロ×ロック]の化学反応が楽しめる作品だ。この楽曲について焚吐本人は次のように解説をしている。

『他人のエゴや社会の倫理観など、全てをありのままに受け入れることは困難です。しかし、「それらを出来る限り前向きに捉えることで、より自由に生きられるようになるのではないか」、という思いを込めてこの曲を作りました。』

焚吐ワールド全開の歌詞、仕掛け満載のNeruのアレンジ、そして焚吐の透明で繊細なガラスの歌声が織りなす今作は一度聴けば一気に引き込まれてしまうこと間違いない。また同曲は10月1日よりTBS、CBC、サンテレビ、BS-TBSにて放送が開始されるテレビアニメ『ヤング ブラック・ジャック』のエンディングテーマにもなっている。焚吐がエンディングテーマに決定したというニュースが配信された際は、ネットで「焚吐」を検索してもほぼ情報が何も出てこない状態。存在がベールに包まれており、一部ユーザーの間では「焚吐って何者なんだ?」という声が上がっていた。そして今回、いよいよその素顔が徐々に明かされる時が来たようだ。まだまだ荒削りな18歳、ベールに包まれた焚吐はどんなアーティストなのか? 要注目な新人の登場だ。

シングル「オールカテゴライズ」

2015年12月2日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
JBCZ-6033/¥1,500(税込)
【通常盤】(CDのみ)
JBCZ-6034/¥1,000(税込)
<収録楽曲>
■CD
1.オールカテゴライズ 
(アニメ「ヤング ブラック・ジャック」エンディングデーマ)
2. 子捨て山
■初回限定盤特典
・オールカテゴライズ ミュージックビデオ収録DVD付き
・「ヤング ブラック・ジャック」大隈ゆうご先生書き下ろし絵柄ステッカー封入

《初回限定盤・通常盤共通特典》
「ヤング ブラック・ジャック」オープニングテーマとなっているUMI☆KUUNのデビューシングル「I am Just Feeling Alive」(10/28発売)との連動応募特典あり!
※詳細は決定次第お知らせします。

  • minp!音楽ニュース(2015年10月02日)
  • 制作協力:okmusic UP's