エンタメ情報まとめ minp!

「ピリオドキューブ」キャラCDより花江夏樹さんインタビュー到着「RPG特有のセリフを読めて楽しかったです」

「オトメイトレコード」発のキャラクターCDとして、9月30日にリリースされた『ピリオドキューブ Quest3 リベラ』より、“リベラ”役・花江夏樹さんのオフィシャルインタビューが到着した。


オトメイトとティームエンタテインメントによる新たな女性向けレーベル「オトメイトレコード」では、第1弾として「ピリオドキューブ」「PsychicEmotion6(サイキックエモーション ムー)」「渇望メソッド」の3タイトルを展開。いずれも同じスケジュールにて、全6枚のキャラクターCDが6カ月連続でリリースされるという。なお、『ピリオドキューブ Quest3 リベラ』のジャンルは“禁断世界でアナタを奪うCD”となっており、キャストフリートークも含む全8トラックが収められている。

各タイトルの詳細については、レーベル公式サイト(http://www.otomate-records.jp/)をチェックしよう。

■『ピリオドキューブ Quest3 リベラ』 花江夏樹さんオフィシャルインタビュー

舞台がオンラインRPGの世界ということで、「実際に行ってみたい世界だな」と思いながら収録をさせて頂きました(笑)。僕自身がゲーム好きなのですごく憧れる世界観でRPG特有のセリフを読めて楽しかったですし、オンラインRPGにあまり恋愛要素を求めていなかったのですが、こういう楽しみかたをする作品はすごくおもしろいなと思いました。

現実世界では中学生の男の子ですが、ゲームの中では女の子であることを活かしているキャラクターです。今回は“現実世界の琉久くん”、“ゲーム内で主人公と話しているリベラ”、“アイテムを手に入れようとあざとく振る舞うリベラ”、“本性が出てしまったリベラ”など、いろんな表情が出てきたのでとても演じ甲斐がありましたし、そこが彼の魅力だなと思いました。最終的に主人公に心を許してデレる一面を見せるので、そこのギャップが可愛いなと(笑)。あとは、男性たちからアイテムを貰った後にドヤ顔をしているところはおもしろかったです(笑)。

ドラマCDのシナリオを読んでいて、とても作りこまれた世界観と設定だったので、ゲーム化すると聴いてやっぱりそうなのかと思いました。ゲームだったら世界観や設定がさらに活かされて、より面白くなると思うので今から楽しみです!僕も頑張ります!

リベラのギャップが出せるように一生懸命演じさせて頂きましたので、キュンとしてもらえると個人的に嬉しいです。ゲームの世界に実際に入り込んだような感覚で聴いて頂けるとすごく楽しめると思いますので、ぜひ聴いてください!


(C)IDEA FACTORY/axcell

  • minp!音楽ニュース(2015年10月02日)
  • 制作協力:okmusic UP's