エンタメ情報まとめ minp!

「ドラえもん」「薄桜鬼」のmaoが“恋愛”テーマのALリリース「一瞬一瞬を曲に歌にしました」

TV朝日系で放映中の人気アニメ「ドラえもん」のOPテーマ「夢をかなえてドラえもん」や、ゲームやアニメで人気の「薄桜鬼」シリーズの関連楽曲などでも知られるシンガー・maoが、アコースティックアルバム『キミが恋する物語』を9月30日にリリースした。


伸びやかで力強い歌声のmaoの魅力を最大限に表現した“ピアノ”と“歌”というアコースティックサウンドで構成されたコンセプトアルバムとなった本作。恋愛をテーマに、恋の始まりから終わりまでが描かれ、すべてオリジナル曲で全14曲が収録されている。

そしてこの度、maoのオフィシャルインタビューも到着。10月18日(日)にはZepp Tokyoにて開催されるライブイベント“オトメコンサート2015”への出演も決定している。

<mao『キミが恋する物語』オフィシャルインタビュー>

アコースティックライブを観にきてくださったプロデューサーから
シンプルな演奏で歌をしっかりと聴かせるようなアルバムをつくりたい!
というお話をいただきまして二つ返事でぜひ!とお返事しました。
私自身もシンプルな演奏が大好きですので
お話いただけて、とっても嬉しかったです。

『恋』がテーマになっています。
ある女性の恋のはじまりから終わりまでに感じる想いや
心の機微を描いています。

表情豊かなピアノと、歌が呼応している所。
シンプルな演奏はすべてをさらけ出されてしまう怖さはありますが
その分、ニュアンスは無限大なんです。

恋をしている方、
はじまりそうな恋に心がフワフワしている方、
終わってしまった恋にズキズキしている方、
いつかくるであろう恋に思いを馳せている方。

全14曲、歌詞がつく曲はすべて歌詞をかかせていただいたのですが、
恋のはじまりから終わりまですべて繋がっています。
心の動きを大切にしたかったので、
想いを取りこぼすのが嫌で、ほんの少しの変化も逃したくなくて
ずうっと家に引きこもって歌詞を書き続けました。
途中、作品にのめり込み過ぎたあまり苦しくなってしまい、涙が止まらなくなったりもしました。
主人公の『ある女性』に自分を重ねてしまったんだろうと思います。
一緒に一喜一憂して歌詞を書き上げました。

レコーディングは1日ですべての曲を録りました。
1曲目からCDの曲順通りにレコーディングしました。
ピアノと向かい合わせで歌ったんですが、
私も、今回ピアノを弾いてくださった野崎さんもシャイなところがありまして、
ガッツリ目をあわせたりすることが最初はできなかったんです。
でも、曲が進んでいくたびに自然と目があうようになってどんどん呼吸があっていくんです。
最後は見つめあいながらレコーディングしました。
それはまるで…というかまさに、恋でした。

吉岡亜衣加ちゃん、織田かおりちゃんとのコラボが満載になるといいな~と思っています!
3人のハーモニーを楽しみにしていただけたらと思います。
素晴らしい作品達の素晴らしい音楽がギュギュッと詰まったライブですからね!
私自身も楽しみで、今からワクワクしています。

今回のアルバムは、『キミ』が『恋』する物語です。
恋をして感じるいろいろな想い、一瞬一瞬を曲に歌にしました。
いま恋をしている方もそうでない方にも、聴いていただきたいです。

■『キミが恋する物語』クロスフェード試聴ムービー
https://www.youtube.com/watch?v=Jvwscnb6DIc

  • minp!音楽ニュース(2015年09月30日)
  • 制作協力:okmusic UP's