エンタメ情報まとめ minp!

【ライヴレポ】「君嘘」主題歌で注目のコアラモード.が初ワンマンライヴを開催!

横浜出身で人気アニメ「四月は君の嘘」の主題歌「七色シンフォニー」を歌った事でも注目の「コアラモード.」が9月21日に自身初となるワンマンライブ『We Are Coalamode.!! 2015 ~こりゃどーもフェスタ~』を横浜BAYSISで開催し、全国各地から多くのファンがこの記念すべきライヴに駆け付けた。

■楽曲ごとにカラフルな空間を創り出すコアラモード.

普段、ストリートライヴやインストアライヴでは、ボーカル・ギターの「あんにゅ」とピアノの「小幡康裕」の二人での演奏が多いのだが、今回のライヴはギター後藤秀人、ベース三浦ジャイ剛、ドラム橋谷田真によるバンド編成のなか「雨のち晴れのちスマイリー」でライヴはスタートし、爽やかな歌声が会場を包む。
2曲目に披露された2ndシングル「Dan Dan Dan」ではバンドの演奏とファンの手拍子が一体となり会場は早くから盛り上がりを見せていた。

インディーズシングルに収録さている「リアル」のファンキーサウンドをバンドと共に披露したり、「あのさ、あのね」では、ドラムはカホンへと、小幡もピアノからアコギへと楽器を持ち替え、あんにゅのせつない歌声を生かすように3人編成での演奏を披露するなど、楽曲ごとに編成を変えながらコアラモード.のカラフルな楽曲達の魅力が光る演奏を聴かせてくれた。

途中MCパートではステージの写真撮影OKタイムが用意され、スマホやデジカメでファンが一斉にあんにゅと小幡を写真撮影するという面白い試みも披露され、会場はスマホ画面のライトでいっぱいになっていた。

■ファンとメンバーの想いが交差し、最後は感動の渦に

ライヴ本編の終盤では、この日、初披露となる「幸せの証」を演奏。ファンも初めて聴く曲であったが、あんにゅの「みんな一緒に歌って!」の声に、「ラララ~」と、ファンの大合唱が始まった。明るく多幸感のある曲調と相まってコアラモード.ファンの愛がより一層深くなるのを感じられた瞬間であった。

そしてデビュー曲「七色シンフォニー」ではライヴハウスならではの、厚みのあるバンドサウンドとステージの七色のライトの演出、さらには会場の手拍子との一体感が会場を包み、コアラモード.がデビューから築いてきたファンとの熱い月日の充実感という物が感じられた。

本編ラストは、2015tvk高校野球神奈川大会中継応援ソングとして採用された「碧空の下 ~flower of youth~」を披露。時に青空のような青い照明に、時に夕焼けの様なオレンジの照明に照らされ、声を振り絞るように一生懸命に歌うあんにゅと、真剣な眼差しでピアノに向き合う小幡の演奏が心を打つ。彼ら自身の「誰かの青春に寄り添えるような楽曲を提供したい」という想いがダイレクトに伝わり、感動の中メンバーはステージを後にした。

■涙と笑顔に溢れたアンコール

アンコールを求める手拍子の中、メンバーが再度ステージに登場すると、意外にもあんにゅはサングラス姿を披露。
「We Are Coalamode.!!」のFUNKYでHAPPYなバンドサウンドに乗って、これまた意外にも小幡はシンセブラスと普段歌わないコーラスを披露。さらにあんにゅのラップが会場を盛り上げ、この日一番底抜けに笑顔が溢れた楽しい瞬間であった。
続く「メモリーズ」では普段クールな小幡も笑顔でバンドメンバーと顔を見合わせ楽しそうに演奏する姿が印象的であった。

この日最後に披露されたのは「未来」だ。インディーズアルバムに収録され、事あるごとに、コアラモード.の“決心”であったり“覚悟”をこの曲を通して伝えてきていたが、この日は特にその意味がファンの心に響いたのではないだろうか。涙ながらに歌うあんにゅとそれを支えるように鍵盤に向き合う小幡のひたむきな姿が感動的であった。

コアラモード.のライヴを見た後はいつも、爽快な笑顔や感動を私たちの心に残してくれる。それは彼らの、時に何かに悩みながらも、前向きでひたむきで、真摯に、一生懸命に歌う姿や演奏する姿がそうさせてくれるのであろう。
コアラモード.の歌声に助けられるファンがいて、そのファンの言葉に力をもらいながら活動を続けるコアラモード.の二人がいて、実に人と人が支え合っている姿を見せてくれるのがこの二人の最大の魅力だと私は思う。
初のワンマンライヴで大成功を収めたコアラモード.の二人が次にどんな作品やステージを見せてくれるのか、今後の活動が益々楽しみになる一夜であった。

■セットリスト

1.雨のち晴れのちスマイリー
2.Dan Dan Dan
3.流れ星
4.リアル
5.hello hello hello
6.あのさ、あのね
7.隣の席の○○くん
8.僕に足りないものは
9.君がいる空
10.ダンデライオン
11.幸せの証
12.七色シンフォニー
13. 碧空の下 ~flower of youth~

アンコール
14.We Are Coalamode.!!
15.メモリーズ
16.未来

  • minp!音楽ニュース(2015年09月28日)
  • 制作協力:okmusic UP's