エンタメ情報まとめ minp!

“サッカーアジアカップ2011”日本勝利の瞬間にJAM Projectの名曲!

今や世界中から注目され、アニソン界最強の名をほしいままにしているスーパーユニット・JAM Project。彼らの名曲「VICTORY」が“サッカーアジアカップ2011”日本勝利の瞬間に会場で流れ、Twitter上でも“JAM Project”の検索が上位に上がるなど話題を集めました!

そんな状況を受けて、JAM ProjectのCDをリリースしている株式会社ランティスからコメントが到着。関係者からも多くの問い合わせがあったという今回の快挙について語られた、全アニソンファン必読の内容となっています!

--------------------------------------------------------

●サッカーアジアカップ2011 日本勝利の瞬間に会場で流れたあの曲は…
JAM Project というアニメやゲームの主題歌を歌うシンガーユニットの「VICTORY」という曲だった!!

先日、カタールにて行われた「サッカーアジアカップ2011」

1月25日準決勝 日本対韓国戦      
1月30日決勝 日本対オーストラリア戦 

日本勝利の感動のその瞬間、会場で流れた曲は、JAM Projectの「VICTORY」という曲でした。
楽曲を見つけてきたのは、主宰者であるAFCアジアサッカー連盟の担当者であるという説を聞きますが、カタールという土地のサッカー会場で、日本のアニソンが流れたという事はとても喜ばしい事です。
試合直後、この「VICTORY」が流れた事で、Twitter上で「JAM Project」の検索が上位に上がり、歓喜に沸き立つ皆さんの心を更に熱くさせた事実があります。関係者からも多くの問い合わせがありました。

JAM Project は、日本を代表するアニメシンガー、「影山ヒロノブ」をリーダーとする5人組のシンガーユニット。2000年に結成し、現在では100曲以上のアニメやゲームの主題歌を発表しています。その歌声は日本のみならず世界各国にゆきわたり、2008年には8カ国10都市を回るワールドツアーを敢行。
昨年は設立10周年を迎え、全国20公演、武道館2Daysのツアーを行うなど、昨今話題をよんでいる「アニソン」ブームの筆頭に立つユニットです。

「VICTORY」は2004年4月に発売されたシングルで、毎度100万本をこえる人気ゲームシリーズの「スーパーロボット大戦MX」の主題歌です。ゲーム「スーパーロボット大戦」の歴史も今年で20周年を迎えるほど、多くの子供から大人まで愛されるシリーズであり、その人気はいまだTVアニメ放送を行うなど、勢いはとどまりません。

JAM Projectの人気の所以は、彼らのパワフルな歌声と独自のコーラスワークにより、聴いたものに「勇気」や「元気」を与えるというところにあると言われます。日本の「アニソン」は世界各国で日本語で歌われています。JAM Projectは「アニソン」が日本と世界をつなぐ架け橋になれればと、その活動を日本以外にも世界中にむけています。日本のファンと同様、世界中のファンに「勇気」や「元気」を伝えていきたいと、JAM Projectは常々考えてきました。「勇気」や「元気」といった言葉は、アニメを放れた大人には無縁になりがちですが、政治や経済の不安を目の当たりにする多くの日本人に必要なものであると思います。

「サッカーアジアカップ2011」を運営する方々にも、「VICTORY」のもつパワーに理解があったものと嬉しく思います。

これを機会にJAM Projectの力、「アニソン」の力をもっと多くの方にご理解いただける事を願っています。日本中がアジアカップ優勝で元気づけられる今、日本のアニソンも世界より注目を浴びている事実に、是非ご注目ください。

----

JAM Project…JAPAN ANIMATIONSONG MAKERS
(影山ヒロノブ・遠藤正明・きただにひろし・奥井雅美・福山芳樹)

JAM Projectは『ドラゴンボールZ』『爆竜戦隊アバレンジャー』『ワンピース』など、数々の主題歌を歌う実力派シンガーによって、2000年に立ち上げられたアニメソング界最強のプロジェクト。その人気は日本国内に留まらず、2008年には全米、ヨーロッパ、アジアを廻るワールドツアーを行うほど、日本が世界に誇るアニソンスーパーユニット。

  • minp!音楽ニュース(2011年02月02日)
  • 制作協力:okmusic UP's