エンタメ情報まとめ minp!

表参道高校合唱部!最終回、中島美嘉「愛の歌」で奇跡は?配信も開始

いよいよ最終回となる金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」第10話。両親の離婚、そして廃校と立て続けに不運な出来事にみまわれる真琴(芳根京子)と合唱部。この絶望的な状況の中、中島美嘉が挿入歌として提供することでも話題の「愛の歌」が奇跡を起こすことができるのか?またドラマに先駆けて中島美嘉「愛の歌」の配信も開始された。

前回の第9話で6人の出演者による「愛の歌」の素晴らしいハーモニーが披露され、真琴の両親の離婚も回避できたかに見えたが、一転、父雄司(川平慈英)が「君を幸せにできない」と母・美奈代(堀内敬子)に切り出し、離婚が決定的に、そして表参道高校にも廃校が決まってしまう。

真琴は合唱への意欲を失い、雄司とともに香川に帰ることを決意する。

しかし、この歌には隠されたエピソードがあることを知り、合唱部は“素直に気持ちを伝えよう”と、ある計画を立て、再び「愛の歌」を合唱する。

果たして「愛の歌」は、真琴の家族の危機、学校の危機、そして、合唱部全員の歌う心を取り戻すことができるのか?最後まで見逃せない展開になりそうだ。
また、真琴の両親、真琴と快人(志尊淳)、有明(城田優)と瀬山(神田沙也加)の恋模様と初披露となる中島美嘉による「愛の歌」にも注目したい。

最終回となる第10話は、9月25日(金)よる10時よりTBS系列で放送。

■本日9月25日(金)0時より中島美嘉「愛の歌」も主要サイトで配信開始
https://youtu.be/oYszyXLEzAM

  • minp!音楽ニュース(2015年09月25日)
  • 制作協力:okmusic UP's