エンタメ情報まとめ minp!

ファンキー加藤、コボスタ宮城での始球式に登場

2014年にソロデビューを飾り、今年1月から7月までの約半年間、ソロ初の全国ツアーを開催。9万人以上を動員し、ツアー直後の8月中旬からは初主演映画『サブイボマスク』の撮影で約1ヶ月間大分に滞在と、ソロデビュー2年目も精力的に活動しているファンキー加藤が、今度は始球式に登場した。

9月19日、コボスタ宮城にて東北楽天ゴールデンイーグルスが主催する「がんばろう東北デー」に賛同し、始球式と試合終了後のミニライブを開催する事となった。当日の試合前に行なわれた被災地招待ふれあいイベントでの子供達とのキャッチボールや「がんばろう東北商店街」にも選手と一緒にサプライズゲストとして登場。「がんばろう東北商店街」では、松井裕樹投手とともに気仙沼のホルモン焼きや、焼きそばをお客さんに手渡しで渡すと、感動で泣いてしまう女の子も。短い時間ではあったが東北市民とじかに触れ合った。

始球式本番では「背番号18 ファンキー加藤!」のアナウンスと共に「あとひとつ」のミュージックビデオにも出演した盟友・田中将大投手(ニューヨークヤンキース)の楽天時代の背番号18番を背負ってスタジアムに登場。一礼してマウンドに上がり、さあ投げるぞ!というところでサプライズコメント映像が特大ビジョンに映し出され、その田中将大投手が登場。「加藤さんならビシッとストライクとれますよね?」と激励に、緊張の面持ちのファンキー加藤だったが、外角低めに力強い直球を投げ込み24,363人の観客をおおいに沸かせた。

試合終了後のミニライブでは球団の粋な計らいで始球式と同じく「背番号18 ファンキー加藤!」のアナウンスでSE(ライブ時の登場曲)とともに登場。大歓声の中、口に含んだ水を空に向かって霧状に噴き上げると、10月28日に発売となる最新曲「MUSIC MAGIC」でスタート。EDMを基調としたメロディーにファンキー加藤ど真ん中の歌詞を乗せた新曲に試合終了後にもかかわらず、球場に残った観客は大盛り上がり、一気に球場全体がライブハウスと姿を変えた。

そして続く2曲目に入る前に「本日はがんばろう東北デー、今日はこの歌を大切に、大切に、このコボスタジアムに連れて参りました。この東北の空に、皆さんと一緒に歌いたい歌があります」と話し、田中将大(ヤンキース)の楽天在籍時の登場曲でもある「あとひとつ」を披露。沸き起こる大歓声とともに球場中の観客席から「あとひとつ」を意味する人差し指が掲げられ、すでに涙を浮かべる人も。

だだっ広い球場を外野のフェンス際までゆっくりと回り、一言、一言を噛みしめるように歌う姿に自然と客席からも「あとひとつ」の大合唱が沸き起こる様に「あとひとつ」が一組のアーティストの楽曲の枠を飛び越え、すでに“東北の人々の歌"になっている事を実感する。

最後の曲は楽天のホーム試合の際、5回裏終了時にチアリーダー“東北ゴールデンエンジェルス"が登場し、ファンと共にタオルを振り回す恒例イベント「まわせ!」を歌唱。グラウンドには、“東北ゴールデンエンジェルス"と“東北ゴールデンエンジェルスJr.チアリーダーズ"総勢130名が登場すると、総立ちの客席もリズムに合わせ全員で力の限りタオルを振り回した。

間奏でバッターボックスに立ったファンキー加藤は「ファンキー加藤、打ったー!」と叫ぶと、全速力で内野をベースランニング。3塁を回り、ホームに飛び込む際には見事なスライディングを決め生還すると、あまりのスピードに球場からは大歓声と拍手が沸き起こりスタジアムの熱気は最高潮に。

そんな中、アンコールが止むわけも無く、「今日は本当に3曲だけで、アンコール用意していないんだよ。」と全力疾走後で息を切らしたファンキー加藤は困惑しながらも笑顔で「3曲歌った内のどの曲がいい?」と問いかける。もちろん客席からの答えは「あとひとつ」である。

再度、アンコールとしてこの日2度目の「あとひとつ」を歌うとさらに大きな大合唱が巻き起こる。サビに入り大合唱がピークを迎える時に奇跡が起こった。機材トラブルから音源が止まってしまうハプニング。通常であれば、そのまま歌唱も止まってしまう所だが、唯一生きていたマイクで歌い続けるファンキー加藤に引っ張られ、一瞬戸惑った観客も大合唱を続けると、ファンキー加藤もマイクを離し、壮大なアカペラ大合唱に変貌を遂げる。2013年東北楽天ゴールデンイーグルスが優勝を決めようと田中将大投手をベンチから送り出した際に起こった「あとひとつ」の大合唱。まるでその瞬間に居合わせたかのような錯覚をスタジアムにいる誰もが感じたことだろう。

曲が終わり、「ありがとうございました。ファンキー加藤でした。」と挨拶をした後も、会場には大きな歓声と拍手がしばらく鳴り響いていた。機材トラブルという予期せぬ事故が、奇跡となって「がんばろう東北デー」という一日の最後に相応しい笑顔を残してくれた素晴らしいサプライズとなった。

ファンキー加藤は11月28日(土)に宮城セキスイハイムスーパーアリーナにて、今年最後のワンマンライブ「I LIVE YOU 2015 in 仙台」の開催が決定しており、またこの地に戻ってくる。また素敵な笑顔の溢れる一日になる事を願うばかりだ。

「I LIVE YOU 2015 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ」

11月28日(土) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
時間:開場15:00/開演16:00
<チケット一般発売日>
10月31日(土) 10:00
各種プレイガイドにて一斉発売

  • minp!音楽ニュース(2015年09月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's