エンタメ情報まとめ minp!

切ない「愛の歌」ドリカム「何度でも」が登場、表参道高校合唱部!第9話

いよいよ「愛の歌」の片鱗が見えてきた金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」。第9話では合唱部が文化祭でDREAMS COME TRUEの「何度でも」を披露。そして、真琴と快人、瀬山と有明、雄司と美奈代、交錯するそれぞれの切ない「愛の歌」も登場する。



■表高祭でドリカム「何度でも」、クラスで合唱

表参道高校は文化祭「表高祭」の季節を迎える。真琴(芳根京子)はクラスの出し物で合唱を提案するが、風香(小嶋梨里杏)とほのか(長谷川ニイナ)が牛耳るこのクラスでは、一旦2人が推すメイドカフェになるが、あるきっかけで、全員で合唱を披露することに。この合唱曲としてDREAMS COME TRUE「何度でも」が登場。今回はパフォーマンス付きで披露されるという。

合唱部はもちろんだが、クラス全員で合唱するということで、それ以外の生徒、特に風香・ほのかは、以前金スマで一青窈とコラボで合唱した以来の歌声披露となるのか?

■3つの切ない「愛の歌」が披露される

一方、真琴と有明(城田優)によってついに採譜された「愛の歌」の片鱗が、3つの交錯する恋模様を通して明らかになってくる。

一つは、真琴の母・美奈代(堀内敬子)と父・雄司(川平慈英)、もう一つは有明に対する瀬山(神田沙也加)の気持ち、そして真琴の快人(志尊淳)への気持ち。

この3つの恋模様がそれぞれの場面で3つの切ない「愛の歌」として登場するが、果たしてそれぞれの「愛の歌」は一つの素敵なハーモニーを奏でることが出来るのか?

■まだまだ波乱のストーリー

前回のエンディングでは教頭・天草(デビット伊東)と大曽根校長(高畑淳子)の元を訪れた謎の男。

そして内田(石丸幹二)と諍いを起こし、美奈代(堀内敬子)に愛想をつかされつつ警察に連れて行かれた雄司(川平慈英)など、終盤での波乱を予感させる。

第9話は、9月18日(金)夜10時よりTBS系列で放送

金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」は番組のタイトルどおり「合唱」がテーマとなった青春学園ホームコメディ。番組中のポップス×合唱が聴けるのも魅力。見逃した方にもお得な全話見放題パック(1,620円)が開始。

  • minp!音楽ニュース(2015年09月18日)
  • 制作協力:okmusic UP's