エンタメ情報まとめ minp!

小澤征爾、NY復活ライヴCDが予約数歴代1位を記録

食道がんの手術を受け、昨年末病気療養から復活を果たした、指揮者・小澤征爾のニューヨーク・カーネギーホール公演のライヴCDが、1月26日に緊急リリースされることが決定し、発売を前にクラシックCDとしては記録的な予約数を記録している。

「小澤征爾といえばこの曲」という得意のブラームスの交響曲第1番が収録された本作、日本で最も多くクラシックCDが売れている銀座山野楽器本店では、早くもクラシックCD予約数歴代1位を記録。これは、日本で100万枚の記録的ヒットとなった自身の「ニュー・イヤー・コンサート2002」を超える状況だ。

発売元のユニバーサルの担当者によると「12月14日の公演後、1月26日の発売を目指して正月に小澤さんに音源チェックをしていただくなど、緊急の制作、生産体制で望みましたが、発売日に店頭に並ぶCDの枚数が足りるかどうか心配です。発売日に確実に手に入れていただくためにはCD店で事前にご予約いただくことをおすすめします」とのことだ。

【リリース情報】
小澤征爾指揮 サイトウ・キネン・オーケストラ
【曲目】
ブラームス:交響曲第1番ハ短調
【録音】
2010年12月14日 ニューヨーク ライヴ録音
【初回限定盤】
特別価格 \2,300(税込)
UCCD-9802

<銀座山野楽器本店クラシックCD予約数歴代TOP5>
1、小澤征爾「奇蹟のニューヨーク・ライヴ」(2011年)
2、辻井伸行「感動のヴァン・クライバーン・コンクール・ライブ」(2009年)
3、川井郁子「REBORN」(2010年)
4、小澤征爾「ニュー・イヤー・コンサート2002」(2002年)
5、カラヤン「ラスト・コンサート1988 モーツァルト&ブラームス」(2008年)
*銀座山野楽器本店調べ(枚数は非公開)

  • minp!音楽ニュース(2011年01月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's