エンタメ情報まとめ minp!

<肉ロックフェス2015>独占!インタビュー 蟹江一平がジュンスカに鋭く迫る!

9月10日(木)から4日間に渡って、さいたまスーパーアリーナにて“SAITAMA SUPER ARENA 15th Anniversary肉ロックフェス2015”が開催されている。


12日に開催されたコンサートにmusic.jpコラムでおなじみの蟹江一平氏が独占インタビューを敢行!
パフォーマンス前のJUN SKY WALKER(S)に大胆に迫った!
コピーバンドをするほどの大ファンのJUN SKY WALKER(S)のメンバーを前に緊張気味にインタビューに挑んだ。

■JUN SKY WALKER(S)

■インタビュー開始

JUN SKY WALKER(S)(以下 JUN):ありがとう。

JUN 宮田:そうですね。”トリ”ですけど、このフェスがみんなで盛り上がれるように、いつものようなJUN SKY WALKER(S)をみせられればなと思っています。

■大ファンなんです。

JUN 宮田:そうですね。新曲も2曲やりますけれども基本は王道な感じでいきます。だからみんなの知ってるようなナンバーで行きますよ。

JUN 宮田:盛り上がりというか、そういう世代の人に楽しんでもらえるんじゃないかと思いますけど。

JUN 全員: ・ ・ ・ (笑)

JUN 全員:(笑)

■目指せ!ローリングストーンズ! 

JUN 宮田:7年位前に一回やってるので、昔の曲もだいぶやってる感じもあるんですけど...。

JUN 寺岡:スーパーアリーナを初めてやらせてもらうのでそれが楽しみです。観に来たことしかないんでね。

JUN 宮田:ジュンスカでやるの初めてだよね。

JUN 宮田:よくこの歳までやってこれたなと自分で思うし、これからもやり続けて行きたいと思うし、このあと全国ツアーも控えているので、今、オリジナルメンバーっていうかデビューしたメンバーでこうしてステージに立てるということはとてもうれしいことだと思うし、まぁファンの人たちも親になって自分の子供と一緒にジュンスカを見に来てくれているんですよね。
 世代というか、これがおじいちゃんおばぁちゃんになって三世代になるように僕らもがんばりたいなと。目指せ!ローリングストーンズ!みたいな。がんばって行きたいなと思いますね。

■50歳なりのロックを噛み締めながら、最初にバンドで音を出したときのことを忘れずに

JUN 宮田:そうですね。僕らもいろいろ解散とかもありましたが、体験や経験、悔しい気持ちやうれしかったこともたくさんあるけど、そういうものを抱えてまたそれぞれが集まって出した作品だったこともあるので、サウンドだけではないみんなの精神的な重みみたいなものが深みとして届いているのかなと思うし、そう思ってくれたら嬉しいですね。

JUN 宮田:まぁ、あまり変わらないですよ。僕はいつもモニターに足をかけて、モニターで飛んでとか、やってることは変わらないんですよ。
 「30歳以降はロックじゃない!」なんて言ってた自分たちがその歳をとっくに過ぎて、ジミヘンやジャニス・ジョプリンのようにロックで早く死んでしまった伝説のひとつの歳も越えて今こうしてやってるわけですけど。
 ポール・マッカートニーやローリングストーンズ、レッチリとかU2とか僕らより年上のロックバンドはまだまだいっぱいいるわけですから、大人のロックとかを考えずにJUN SKY WALKER(S)スタイルで転がり続けられたらいいなと、そのためには健康が第一。(笑)
 全然ロックじゃないんだけどね。(笑)

JUN 宮田:50歳なりのロックを噛み締めながら、最初にバンドで音を出したときのことを忘れずに、今日もそうなんですけどね。ステージに立てらいいなと思っています。

JUN 宮田:そうですね。懐かしくても今の気持ちで歌えるかどうかということだし、今の自分で歌えるかということ、そこが新しいんですよ。いつも自分の感覚を磨いてないといけないと思いますよ。
 そこは、劣化せずに、今日も届けられると思いますが、今のジュンスカを見ていろいろなことを感じてもらえればうれしいなと思いますよ。

■殴りこみをかけるつもりでレスポールを弾いている。

JUN 森:(笑)言っていることは違うでしょうけど、でも変わんないですよね。やってる音楽も、大人になってからのロックも。僕はなにも変化もなくそのままきてますよ。...言ってることは変わってますけどね。
 殴り込みをかける気持ちは今はないですけどね。(笑)結果、ギターを弾き続けたいし自分の好きな音を出してバンドやってたいっていう気持ちでずっとやってきているっていうのだけは変わらないですね

JUN 森:ギターだったんですか(笑)

JUN 森:モニタージャンプしないといけないね(笑)

■ありのままの自分たちをやるのがロックかな

JUN 寺岡: このアルバムですか。そうですね。その役割ですね。

JUN 小林:いえいえ(笑)

JUN 寺岡: この間のウルフルズの新譜で「50肩のロックンロール」をやってたんですけど、やっぱり今の自分たちをそのまんま伝えるのが一番ロックンロールだなという気がしてたんですね。それがキーワードっていうか。
 さっきの話でないですけど、今はガラスの窓は割れないんですよね。校舎の(笑)。だからそれを歌ってもロックじゃないと思うんですけど、ありのままの自分たちをやるのがロックかなというのは裏テーマとしてありますね。
 そっちの方が絶対、聞いてくれた世代の人が響くはずだし、今も同じようにロックをしていると思ってくれるんじゃないかと思う、それだけはぼんやりありましたよ。

JUN 全員:いいですよ。いいと思いますよ。

■もう一組インタビューしちゃおうっと。

パフォーマンス前のJUN SKY WALKER(S)にインタビューを終えた直後、パフォーマンスを終えたPERSONZにお会いできた。ここは続けてもう一組ということで直撃取材をお願いした。

「<肉ロックフェス2015>独占!インタビュー 蟹江一平がPERSONZに鋭く迫る!」に続く。

(C)肉ロックフェス実行委員会

  • minp!音楽ニュース(2015年09月13日)
  • 制作協力:okmusic UP's