エンタメ情報まとめ minp!

映画「天空の蜂」主題歌「Q & A」秦 基博インタビュー「人としての矛盾や業を曲に」

9月12日(土)公開の映画「天空の蜂」に提供した主題歌「Q & A」が、9月9日(水)にリリースとなる秦 基博に楽曲制作のエピソード等についてインタビューを行った。

今回、映画のために書き下ろしたという新曲「Q & A」。秦自身初チャレンジというアグレッシブでスリリングに仕上がったサウンドや、独特の世界観に満ちた歌詞など、映画にインスパイアされ、映画に出演の江口洋介や堤幸彦監督にも絶賛されたというこの曲の制作背景などについて伺った。(聞き手:music.jpニュース編集部)

■秦基博「人としての矛盾とか業を曲にした」

【秦 基博:以下秦】制作サイドからオファーを頂きました。すでに映画が出来上がっていたので、一度観させて頂いてから制作に入りました。

【秦】スケール感やスピード感とか、その迫力に驚きました。
 それが楽曲を作る際に影響したのですが、それぞれの登場人物の心模様だったり、価値観のようなもの……、誰にとっての善で誰にとっての悪なのか、またそれぞれの幸せの形が違うことによるぶつかり合いなど、そういったものが強く印象に残りました。

【秦】江口さんと本木さん演じる2人はそれぞれ巨大ヘリや原発を設計するという役で、職種や家族構成が似ているけれど、映画の中で180度運命が変わっていくという、“そこに何があったのか?”とか“何がそれを分けたのか?”という、すごく紙一重のことなんだと思うけれど、それぞれの正義を元に行動し、ぶつかり合い、そしてどんどん矛盾みたいなものが生まれていくという事が、映画を観た時に一番感じ入った部分だったんですよね。

 それをどうやって曲にしようかということになるんですけど、それぞれ原発もヘリも人の役に立つ為ようにつくられたものが、そうはならない可能性をはらんでいるという……きっと何かを守るためとか誰かを守るために生み出されたもののはずなのにそうはならないという現実を、人間の矛盾とか業と捉えて曲にしました。

【秦】その“表裏一体”なほとんどの物事が二律背反というあやふやな状態の中にあるわけですけど、自分がこの歌で言いたかったのは、それを踏まえた上で「じゃあ何をするんだ?」ということなんです。

  この楽曲でそれを聴き手に投げかけられたらいいなと思って、普段の自分の楽曲にはない“問いかけ”で終わる構成にしたんです。

【秦】そうですね。楽曲としての顔になるようなタイトルがいいなと思った時に「Q & A」という言葉が出てきて、楽曲にしてもテーマにしてもシリアスに寄せることはできるんですけど、どこかにポップスとしての軽やかさを残しておきたかったので「Q & A」という記号的なニュアンスだったりとか、意味合いとしての謎めいたところとかが、この曲にふさわしいんじゃないかと思って付けました。

【秦】サウンド感のモチーフは以前からあったんですが、映画を観させていただいた時に、自分が持っていた“こういう音像の楽曲を作りたいな”というイメージとまさに符合したんです。歌詞を書き下ろし、サビのメロディ展開などをよりブラッシュアップして完成させました。

【秦】そこはこだわりました。楽器数として実はれほど多くないし、突飛な楽器も使わず今までとそんなに変わらない編成なんですよね。

 わりとエレキのフレーズもはいつも以上に印象的に聴こえてくるんですけど“歌とアコギがど真ん中にある”というサウンド感は崩したくなかったので、その骨太さというか、それぞれの楽器が太く大きく鳴っているというような感覚……そして空間が感じられるように意識して作りました。

【秦】今回ハイレゾのマスタリングにも立ち会ったんですけど、それぞれの帯域が広がることで聴こえてくる“温度”とか“音の質感”というものがあります。ハイレゾもそうですが、映画館の5.1CHサラウンドでの聴こえ方もまた違う。
その辺こだわって作っているので、いろいろな環境で楽しんでもらえたら嬉しいです。

【秦】僕自身も映画の世界にフィットする楽曲を作りたいとも思っていたし、そこを離れて自分の表現ということももちろん考えるんですけど、映画製作の中心にいらっしゃる堤監督だったり主演の江口さんが、楽曲の手触りを気に入ってくださったってことは率直に嬉しいですね。皆さんが作ろうとしている世界に混ぜてもらえたというか、ひと安心です(笑)

【秦】そうですね、青森では確実に聴けます(笑)。オーガスタキャンプでは今回山崎まさよしさんの20周年をお祝いするというテーマなので、ちょっとお約束ができませんが(笑)。
秋にもイベントが控えているので楽しみにしていてください。

【秦】今、絶賛製作中です。いつ発売されるかは僕次第なので……(笑)。頑張ります。

【秦】「天空の蜂」があって「Q & A」が生まれたので、社会的なメッセージやテーマが背景にあるわけですが、そのメッセージを受けて、いろんなことに気付いてもらえら嬉しいし、その一方で、サウンド感や言葉の歯切れの良さとか、純粋に音を楽しんでもらえたらとも思います。

 ぜひこの「Q & A」を映画・配信・CD・ライブといろんな環境で沢山聴いて頂けたら嬉しいです!もちろん映画も観てください!

【秦】ありがとうございました。

秦 基博が主題歌を歌う、映画「天空の蜂」は9月12日(土)より全国ロードショー。

■映画「天空の蜂」主題歌、秦 基博「Q & A」 9月9日(水)配信開始

秦 基博自身サウンド感に拘ったというアグレッシブチューンの「Q & A」は9月9日(水)より通常版とハイレゾ版が配信開始されている。

  • minp!音楽ニュース(2015年09月09日)
  • 制作協力:okmusic UP's