エンタメ情報まとめ minp!

UNISON SQUARE GARDEN、アクションドラマ『ザ・ラストシップ』のEDテーマを書き下ろし

UNISON SQUARE GARDENがBSフジにて10月12日(月・祝)よりスタートするアメリカドラマ『ザ・ラストシップ』の日本版エンディングテーマとして、新曲「パンデミックサドンデス」を書き下ろしたことを発表した。

『ザ・ラストシップ』は映画『トランスフォーマー』や『アルマゲドン』で知られるマイケル・ベイ監督が初めてテレビドラマ界に進出し、製作総指揮を務めた海洋アクションドラマ。BSフジでの放送は日本語吹 き替え版となり、エリック・デイン演じる主人公のトム・チャンドラーは俳優の神尾佑氏が声を担当する。

エンディングテーマとなる「パンデミックサドンデス」は、自分の思い通りにならない状況に追い込まれ、それを打破していく状況を描いた疾走感あるナンバー。作詞作曲を手掛けた田淵智也(Ba)が、ドラマの1話~3話を観てイメージを膨らませて書き下ろした楽曲だ。

『ザ・ラストシップ』は10月12日(月・祝)23:00より初回放送がスタートし、全10回を予定している。また「パンデミックサドンデス」のリリースは未定のため、ぜひ番組のエンディングをお見逃しなく。

なお、UNISON SQUARE GARDENは11月から1月にかけて全国ツアー「プログラムcontinued」を開催。現在、7月にリリースされたバンド結成10周年記念アルバム『DUGOUT ACCIDENT』購入者向けの先行予約を行なっている。

  • minp!音楽ニュース(2015年09月06日)
  • 制作協力:okmusic UP's