エンタメ情報まとめ minp!

SKE48松井玲奈、最後の劇場公演で涙

松井玲奈が8月31日、名古屋栄のSKE48劇場で最後の公演をおこなった。

朝から劇場のまわりには公演に当選できなかったファン含め1000人以上のファンが劇場に押し寄せた当日。公演は松井玲奈が所属するチームE「手をつなぎながら」公演の楽曲と新曲「前のめり」「バナナ革命」などを披露し、卒業セレモニーでは今回の卒業の為に作ったソロ曲「2588日」を涙するファンに包まれながら歌唱した。そして、後輩須田亜香里からの手紙では「不安も多いけど安心てもらえるようにみんなで頑張るから守っていてください。」と感謝のメッセージが贈られる。

最後のファンへのメッセージでは 「最初SKEは公演の回数も少なくて、その公演のためだけにに毎日毎日レッスンをして週に1回ある公演にでることが人生の何よりの幸せでした。私は公演でみんなの陰に隠れていたんですが、たくさんの方たちが私のことを見つけてくださってここまでひっぱりあげてもらえた。それは私だけじゃなくてほかのメンバーも同じだと思います。応援してくださるみなさんが私たちを輝やかせてくれるパワーだと思います。私の青春はSKE48だと言えることが私の誇りです。2588日の歌詞にもあるように次の花を咲かせるために準備をはじめます。これからもSKE48のことをずっと見守って欲しいですし私もみなさんのなかで少しでも見守ってくれればと思います。この7年間はすべてが私にとっての宝物です。これから先もがんばっていきます。」とトヨタスタジアムのライブでは我慢していた涙をこの日は、こらえきれず感極まりながら話した。

最後は「SKE48 として最後にこの曲を歌えること を本当に嬉しく思います。今日(公演に)来れなかったみなさんとメンバーみんなに想いが届けばいいな と思います」と語り、「遠くにいても」をメンバー全員で歌って公演を終了し、松井玲奈にとってのSKE48での活動2588日を終えた。

  • minp!音楽ニュース(2015年09月01日)
  • 制作協力:okmusic UP's