エンタメ情報まとめ minp!

山本精一、歌モノ・アルバム『PLAYGROUND』のアコースティック盤を発売

2010年7月に6年半振りの歌モノ・アルバム『PLAYGROUND』をリリースした山本精一が、同作の原型となるアコースティック・ヴァージョン作品『PLAYGROUND acoustic+』を2011年1月19日(水)にリリースする。

本作には『PLAYGROUND』収録曲の他に、Phew&山本精一名義の「鼻」や「まさおの夢」、ソロアルバム『なぞなぞ』収録の「赤ん坊の眼(改)」、大友良英、植村昌弘らとのバンドNOVO TONOの「夢の半周」など山本精一のソロキャリアを網羅した内容で、セルフカヴァーや、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのカヴァー「Candy Says」なども収録される。

【リリース情報】
山本精一
『PLAYGROUND acoustic+』
発売:2011年1月19日(水)発売
価格:1,980円/PCD-4492
[収録曲]
1.鼻 (詞:Phew)(Phew&山本精一「幸福のすみか」より)
2.待ち合わせ
3.playground
4.眼ざめのバラッド
5.宝石の海
6.水
7.Days
8.Candy says (The Velved Under Ground)
9.まさおの夢(詞:Phew) (「幸福のすみか」より)
10.夢の半周(詞:Phew) (NOVO TONO 「パノラマ・パラダイス」より)
11.赤ん坊の眼 ( 山本精一「なぞなぞ」より)

  • minp!音楽ニュース(2011年01月02日)
  • 制作協力:okmusic UP's