エンタメ情報まとめ minp!

「ピリオドキューブ」キャラCDより前野智昭さんインタビュー到着「とても二面性のあるキャラクター」

「オトメイトレコード」発のキャラクターCDとして、8月26日にリリースされた『ピリオドキューブ Quest2 ラディウス』より、“ラディウス”役・前野智昭さんのオフィシャルインタビューが到着した。


オトメイトとティームエンタテインメントによる新たな女性向けレーベル「オトメイトレコード」では、第1弾として「ピリオドキューブ」「PsychicEmotion6(サイキックエモーション ムー)」「渇望メソッド」の3タイトルを展開。いずれも同じスケジュールにて、全6枚のキャラクターCDが6カ月連続でリリースされるという。なお、『ピリオドキューブ Quest2 ラディウス』のジャンルは“禁断世界でアナタを奪うCD”となっており、キャストフリートークも含む全8トラックが収められている。

各タイトルの詳細については、レーベル公式サイト(http://www.otomate-records.jp/)をチェックしよう。

■『ピリオドキューブ Quest2 ラディウス』 前野智昭さんオフィシャルインタビュー

非常にボリュームたっぷりの収録でした。オンラインゲームに閉じ込められてしまい、そこで死んでしまうと現実世界でも命を落としてしまうという世界観設定だったので、個人的にも楽しくやらせて頂きました。戦闘シーンで声をかなり使ったので、終えた今は達成感に溢れているという感じですね。

ラディウスはすでに難易度の高いクエストをこなしていて、ゲームクリアーの鍵となる3種のアイテムのうちのひとつを所持しているので、サーバ内では有名なプレイヤーだと思います。現実では実は芸能界に身を置いていますが、きっとそのストレスからオンラインゲームをプレイしていると思うのでとても二面性のあるキャラクターでしたね。

“アルケイディア”や“死の顎(あぎと)”がどういったものなのかは、今後ゲーム本編で明らかにされていくと思います。最終的に“ワールドV”から脱出できて、全ての現実を取り戻すことができるのかも気になりますし、彼自身の事や本当の気持ちもゲームを通して知ることができると思うので今から楽しみにしています。

『ピリオドキューブ』はオンラインゲームに閉じ込められてしまって、そこで死んでしまうとリアルの世界でも死んでしまうという、《死と隣りあわせ》のお話です。お話もとても盛り上がりや聴き応えのあるシーンがたくさんあります。
今後はPS Vitaでゲーム化もされますので、CDとゲームどちらも楽しんで頂けるように頑張りたいと思います。応援のほど、よろしくお願い致します。


(C)IDEA FACTORY/axcell

  • minp!音楽ニュース(2015年08月28日)
  • 制作協力:okmusic UP's