エンタメ情報まとめ minp!

スヌープ、ニーヨも絶賛、タイニー・テンパーが日本デビュー

2010年10月にリリースしたデビュー・アルバム『ディスカバリー』が全英チャート1位を獲得し、BT Digital Music Awards 最優秀新人賞やMOBO Awards 新人賞を受賞するなどイギリスでいま最も注目を集めているラッパー、タイニー・テンパーがいよいよ日本デビューを果たす。

ヒップ・ホップ/ラップをベースにダブ・ステップやD&B、ソウルやエレクトロの要素にラップを乗せるといったスタイルで瞬く間にその人気が広まったタイニーは、英NME誌では「イギリスのカニエ・ウェスト」とまで評されており、2011年1月19日に日本盤が発売されるデビュー・アルバム『ディスカバリー』は、全英1位を獲得した2枚のシングル「パス・アウト」と「リトゥン・イン・ザ・スターズ」をはじめ、ケリー・ローランドやスウェーディッシュ・ハウス・マフィアとのコラボレーションなどを収めたオリジナル盤に、日本盤はボーナス・トラックとして4曲のリミックスを加えた17曲を収録。

すでにアメリカを代表するラッパーやR&Bスター達もこぞって彼を絶賛しており、スヌープ・ドッグとは2010年夏のグラストンベリー・フェスティバルでの共演をきっかけにリミックスを手掛けるまでに発展。同じくヒップ・ホップ界の最重要人物、P・ディディのシングル「Hello Good Morning」にTEAM UKとして招聘されたりと、その実力を高く評価されている。
さらに英・DAILY STAR紙のインタビューによれば、NE-YOも「タイニー・テンパーは大好きさ。こないだ連絡をもらってね、俺の歌と彼のラップは凄く合うと思うから近い将来コラボレーションも有り得ると思うよ」と語るなど、今後の展開も楽しみなところだ。

また、ブラック・ミュージック界だけでなく、既に共演を果たしているデーモン・アルバーン(Blur/Gorillaz)にはじめ、あのカイリー・ミノーグやテイク・ザットらがタイニーのファンであると公言。あの王室のウィリアム王子までもが“一番好きなラッパー”と公言しているのは、イギリスでは有名な話だという。

■タイニー・テンパー『ディスカバリー』
2011年1月19日発売
TOCP-66987 SPECIAL PRICE ¥1,980
[収録曲]
1.INTRO
2.SIMPLY UNSTOPPABLE
3.PASS OUT(全英No.1シングル)
4.ILLUSION
5.JUST A LITTLE feat. RANGE
6.SNAP
7.WRITTEN IN THE STARS feat. ERIC TURNER
8.FRISKY feat. LABRINTH
9.MIAMI 2 IBIZA- SWEDISH HOUSE MAFIA VS. TINIE TEMPAH
10.OBSESSION
11.INVINCIBLE feat. KELLY ROWLAND
12.WONDERMAN feat. ELLIE GOULDING
13.LET GO feat. EMELI SANDE
14.WRITTEN IN THE STARS feat. ERIC TURNER (STARKEY REMIX)*
15.WRITTEN IN THE STARS feat. ERIC TURNER (THE ARCADE feat. TAIO CRUZ SOUTHSIDE REMIX)*
16.PASS OUT (SBTRKT REMIX)*
17.FRISKY feat. LABRINTH (SHY FX & BENNY PAGE DIGITAL SOUNDBOY REMIX)*
*日本盤ボーナス・トラック

  • minp!音楽ニュース(2010年12月26日)
  • 制作協力:okmusic UP's