エンタメ情報まとめ minp!

ワーナーミュージック・ジャパン、新レーベル“unBORDE”を始動

ワーナーミュージック・ジャパンが新レーベル”unBORDE”(アンボルデ)を始動し、androp、Q;indivi+、九州男、近藤夏子、神聖かまってちゃん、高橋優、RIP SLYMEらが所属することが発表された。

レコードレーベルとしての新しい在り方を提案する新レーベルとして、各レーベルが取り組んでいる音源、ライヴ、関連グッズなどアーティストに関連商品を幅広く手掛ける、いわゆる360度ビジネスの概念をより立体的に推し進め新たなビジネスを産み出す事を目的としているという。

所属アーティストに共通するテーマは”時代感”と”エッジ”。所属新人アーティストのアルバム第1弾として、ネットでの自己発信からその存在が知られるようになった、神聖かまってちゃんのメジャー1stアルバム「つまんね」が12月22日にリリースされたばかり。

”unBORDE”は、以降、2011年には、新人だけに留まらず社内外からの移籍アーティストを含むリリースが目白押しで、それぞれにカッティングエッジな作品を世に送り出していく予定。合わせて、新たな商品の開発や、ライツビジネスの拡大、流通の開拓を進めつつ、目線を国内市場だけには向けずアジア、ヨーロッパでも活躍できるアーティストを育成していくという。またマネジメント業務を中心とした新規ビジネス開発セクションとして”unBORDE ARTISTA”(アンボルデ・アルティスタ)も同時に発足。

レーベルの始動に伴い、世界各国のデザイナーが参加したグラフィック・フリスビーにUSBが同梱された業界向けのプレスキットを作成しているが、各アーティストを応援してくれているファンの皆様への日頃の感謝を込めて、この貴重な限定グラフィック・フリスビー(6種)を抽選でクリスマスプレゼントするという。
応募詳細は、unBORDEオフィシャルサイト(unborde.com)にて発表される。

  • minp!音楽ニュース(2010年12月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's