エンタメ情報まとめ minp!

梅原裕一郎「ヤング ブラック・ジャック」出演について「作品を背負っていく責任を感じました」

2015年10月よりTBS他にて放送予定のアニメ「ヤング ブラック・ジャック」の主人公“間黒男”役を演じる梅原裕一郎の囲み取材が行われ、作品のみどころやキャラクターの魅力などを語った。


出演が決まった時の率直な気持ちについては「とても大きな作品に主役で選んでいただいて光栄だと思うと同時に、作品を背負っていく責任を感じました。」とコメント。意識していることや役作りに関しては、「医療用語が多いので、台本をいただいてから意味や用途を調べ、自分に落としこむようにしています。キャラクターとしてはクールかつ頭が良い人物なので、あまり焦ったような話し方をせず、手術中でも落ち着くようにしています。」と語った。

また、大先輩であり初代ブラック・ジャックを演じた大塚明夫がナレーションで参加することに対しては「プレッシャーはもちろん感じますが、あまり意識しすぎずに、盗める要素は盗みつつ、“ヤング”ブラック・ジャックとして自分なりの間黒男をつくっていこうと思っています。」と意気込みを表した。

第1話の映像を観たという梅原は「手術室のシーンの緊張感は絵と音がつくと、一段と増し、違ったように見えました。視聴者の方々が考えたり感じたりするきっかけになるような、重々しく辛いシーンや、間 黒男の内面部分があらわれるシーンもあるので、その部分にも注目していただければと思います。」とみどころを伝えた。

さらに、9月22日(火)より配信開始となるWeb動画番組「ヤング ハート・ジャック」に関しては「アニメ本編は多少なりとも重々しい雰囲気があるのですが、こちらはふわふわとしたトークでお送りしています(笑)。お便りを読んだり、様々なことに挑戦したり…。今は1人で撮影しているのですが、今後はゲストの方を迎えての収録もできれば良いなと思っています。」と語った。

最後には、アニメを観る方々へのメッセージとして「ヤング ブラック・ジャックという作品はシリアスなシーンも多く描かれていますが、1960年代の時代背景を反映させたような出来事なので、僕自身を含め当時を知らない方にも、いろいろと考えながら観て欲しいです。また、間黒男の成長を見守っていただきつつ、原作はもちろん、多方面で興味を持っていただけたら嬉しいです。よろしくお願い致します。」と締めくくった。

秋田書店「ヤングチャンピオン」連載のコミックを原作に贈るアニメ「ヤング ブラック・ジャック」は、手塚治虫(※)の名作の主人公である奇跡の天才外科医“ブラック・ジャック”が、まだ医学生だった頃の1960年代を舞台に、その知られざる過去を描いた作品。梅原裕一郎の他には、“藪”役を遊佐浩二、“岡本舞子”役を伊藤静が務め、ナレーションは前述の大塚明夫が担当する。アニメの詳細については、公式サイト(http://www.tbs.co.jp/anime/ybj/)を参照されたい。

※手塚治虫さんの「塚」は点のついた旧字

(C)ヤング ブラック・ジャック製作委員会

  • minp!音楽ニュース(2015年08月25日)
  • 制作協力:okmusic UP's