エンタメ情報まとめ minp!

JUJUとNOKKOの夢のコラボが実現『EMTG MUSIC Fes.2010』開催

会員21万人超のチケット販売サイト『EMTG』が主催する、“心に響く・いい歌”をテーマにした音楽イベント『EMTG MUSIC Fes.2010』がさいたまスーパーアリーナにて、12月11日(土)・12日(日)に開催され2日間で3万人を集めた。

初日11日、キマグレン・ゴスペラーズ・コブクロ・一青 窈・平原綾香、12日阿部真央・CHEMISTRY・コブクロ・JUJU・NOKKO・秦 基博と豪華アーティストが出演し、初日キマグレンが「LIFE」、一青 窈「ハナミズキ」、平原綾香「Jupiter」、ゴスペラーズ「ひとり」など各アーティストの代表曲が次々と演奏し1万5000人を魅了。
トリのコブクロが、次回のシングルに決定している「Blue Bird」、最新シングルの「流星」などを披露、翌日12日は、CHEMISTRY、JUJU、NOKKO、阿部真央、秦 基博、コブクロが出演。この日もCHEMISTRY「You Go Your Way」、JUJUとNOKKOのコラボレーションが実現しレベッカの名曲「フレンズ」を歌う場面で大きな盛り上がりを見せた。

その後も阿部真央、秦 基博が登場、最後は2日連続トリをつとめたコブクロが、ルイ・アームストロングの「What a wonderful world」のカバーなど昨日とは全く違うセットリストで終始温かな雰囲気の中で歌を共有する空間となった本フェスティヴァルを締めくくった。

  • minp!音楽ニュース(2010年12月13日)
  • 制作協力:okmusic UP's