エンタメ情報まとめ minp!

レディ・ガガが認めたアジア系ユニット、US/日本で1位獲得

今年4月にレディ・ガガの来日公演の前座として来日した「ファーイースト・ムーヴメント」が、ニュー・シングル「ライク・ア・G6」でビルボード・シングル・チャートで3週1位を獲得、さらにiTunesシングル・チャートでも1位を記録した。

ファー・イースト・ムーヴメントは、日本と中国のミックスのケヴ・ニッシュ(ケヴィン・ニシムラ)、韓国系のプログレス、J・スプリフ、そしてフィリピン系のDJ・ヴァーマンのアジア系アメリカ人4人からなるヒップホップ・ユニットで、06年に発表した「ラウンド・ラウンド」が米映画『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』(原題:『The Fast and the Furious: Tokyo Drift』)の挿入曲に使用されたことで注目を集め、これまでに人気TVドラマ『CSI:マイアミ』、『CSI:ニューヨーク』などにも楽曲提供している。

今回話題となっているシングル「ライク・ア・G6」は日本でも着うた(R)、着うたフル(R)の配信がスタート・チャート上位を獲得するなど好調な滑り出しを見せており、さらに同曲を収録したアルバム『フリー・ワイアード』の国内盤が来年1月26日(水)に発売、リリース後の来日も計画されている模様だ。

【リリース情報】
ファーイースト・ムーヴメント
『フリー・ワイアード』
[国内盤]
発売:2011年1月26日(水)
価格:2,200円/UICV-1009
[輸入盤]
現在発売中
価格:3,000円/UICV-1001

  • minp!音楽ニュース(2010年12月12日)
  • 制作協力:okmusic UP's