エンタメ情報まとめ minp!

3枚組CD『The Works for Soundtrack』より梶浦由記さんのコメントが到着!

アニメ界のカリスマクリエイター・梶浦由記の初期サウンドトラック&NHK番組のサウンドトラックを収録した3枚組CD『The Works for Soundtrack』が12月8日にリリースされました!

梶浦由記本人の監修/選曲となる今作では、現在入手困難な音源や初CD化楽曲を含む初期作品のベスト及び、近年のNHKの番組で手がけたサウンドトラックの数々を初CD化。全75曲収録のうち、初CD化楽曲が実に53曲。さらに、梶浦由記本人よるSelf Liner Notesが歌詞カードに収録されます。現在の梶浦ワールドに繋がる息吹や、アニメ以外の世界を描いたメロディアスで繊細なもうひとつの面を堪能できる、まさに梶浦ファン垂涎の内容となっています!

そしてこの度、CDリリースに関する梶浦由記さんのコメントも到着しています!

--------------------------------------------------------

■梶浦由記さん コメント

「The Works for Soundtrack」という名称で、三枚組のCDをリリースさせて頂ける運びとなりました。
「ベスト版ですか?」というお問い合わせやメッセージを幾つか頂いておりますが、ベスト盤というのとはちょっと違います。
簡単に言ってしまえば、「今までCDとしてリリースされていなかった梶浦由記のサウンドトラック」+「現在は単独のCDとしては入手しづらくなっているサウンドトラック」から選曲したもの。
なので、作品としては、主にですが「noir以前」と、時代がかなり飛んで、最近のNHKさんでさせて頂いたお仕事中心、という事になりますでしょうか。
本当に正直に言ってしまえば、「昔の曲」を聞いて頂くのは恥ずかしい部分もございます。
でも、どの作品も、何より映像に寄り添う「サウンドトラック」という音楽を作る楽しさと喜びを教えてくれた、そして一作一作、語り尽くせない程多くの事を学ばせて頂いた。そんな作品ばかりです。
そんな、「今の梶浦が出来るまで」な部分も含まれている作品集でもあります。

それまで「歌モノ」にしか興味も制作意欲も持っていなかった梶浦が生まれて初めて作った「インストゥルメンタル」なんていう曲も数曲収録されております。
当時の私にとって「インストゥルメンタル」とはこういうイメージだったんだなあと。
サウンドトラック作成というお仕事への欲も、将来の自分への予感さえもまだ持っていなかった頃。
改めて、初期作品から選曲していると、色々な方に色々な事を教えて頂き、そして作品との出会いも頂いたなあと。
お一人お一人に感謝したい気持ちで一杯になります。
いやいや、まだまだ学ばねばならない事も多い私ですが、そのご恩に報いる為にも、これからも精進せねばという気持ちになります。
そんな初期作品ばかりではなく、後半二枚に主に収録されているのは、比較的最近の、かつ今までCDとしては皆様に聞いて頂く機会の無かった、「経済羅針盤」のテーマ曲ですとか、そして2010年夏放映になったドラマ「15歳の志願兵」、数年前手がけさせて頂いたNHKスペシャル「世界里山紀行」など、この辺りはほぼ全曲の収録です。
作品を愛して頂けた方にも、聞いて頂く機会があれば嬉しゅうございます。
全75曲というボリュームではありますが、映画やドラマの曲にはかなり短いものもあり、全体を通しては比較的静かにまったり聞いて頂ける作品集であるような気が致します。
そんな「The Works for Soundtrack」 聞いて頂けましたら、光栄です。

----

NOW ON SALE

梶浦由記『The Works for Soundtrack』

品番:BVCL-149〜151/3枚組
価格:3,780円(税込)

  • minp!音楽ニュース(2010年12月10日)
  • 制作協力:okmusic UP's