エンタメ情報まとめ minp!

プールイ率いるLUI FRONTiC 赤羽JAPAN、新作リリース日に野外ライヴ敢行!

プールイ率いるLUI FRONTiC 赤羽JAPANが8月12日、メジャーセカンドシングル「ワンダーループ」のリリース当日に、東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにてフリーライブを行った。

現在、ルイフロは『ワンダーループ大作戦!』と題して、全国各地で12月までに100回以上ライブを行い、1万人の署名を集めるキャンペーンを敢行中。フラッグへサインを書いてくれた方には、小原 just begun デザインのステッカーがプレゼントされるという、ルイフロとアカバネーゼ(ファン)の絆を深める企画だ。今回のライブも、その一環として開催された。

プールイ(Vo)、テンペスト竹内(G、Cho)、小原just begun(B、Cho)の3人は、メジャーファーストシングル「リプミー」からライブをスタート。打ち込みを同期させたバンドサウンドで、陽も落ち始めた野外の会場に、爽快かつ力強いメロディを響かせる。

続いて、ニューシングルのカップリング曲「騙されたいんだよ」をソリッドにプレイ。そして、ハードにドライブする「不安なんだよ」をたたみ込んで行く。

抑揚をつけたプールイのボーカル、テクニカルで勢いのあるテンペスト竹内のギター、グルーヴ感溢れる小原just begunのベース。ライブを重ねてきたことで、3人のバンド感はよりスムーズなものとなっている。

プールイはMCで、『ワンダーループ大作戦!』について観客に説明。「今年いっぱいたくさんいっぱいのところに回って、ルイフロを知らない人にも私たちのことを広げていこうという企画をやっています。それで今日もここにやってきました。旗があと18枚あって、みなさんの署名で埋めていこうというのをやっています。1万人分を集めたいと思っているので、みなさんお願いします」と語った。

最後は、新曲「ワンダーループ」を披露。混沌とした思いを振り切る前向きな歌詞を、サビに向かってダイナミックに広がるサウンドで伝えるナンバーだ。力いっぱい3人の歌と演奏に、観客から大きな拍手が送られた。

ルイフロは、今後も『ワンダーループ大作戦!』を行いながら、10月2日、東京・恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンライブ『WALK THIS WAY~武道館なんてバカだって言われても歩いていくんだ~』の成功に向けて、暑い夏をアツいサウンドとともに爆進し続ける。

撮影・文:土屋恵介

  • minp!音楽ニュース(2015年08月14日)
  • 制作協力:okmusic UP's