エンタメ情報まとめ minp!

コレクターズのニューアルバムは、復活したTRIADレーベルからのリリース!

ザ・コレクターズが9月16日に発売する、通算21枚目のオリジナルフルアルバム『言いたいこと 言えないこと 言いそびれたこと』 がTRIADレーベルからのリリースであることがわかった。

TRIADレーベルとは、1981年に日本コロムビア内に発足したロックレーベル。THE YELLOW MONKEY、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、ザ・コレクターズら多くのグループが所属しており、2007年以降は休眠状態となっていたが、7年ぶりに復活を遂げたレーベルである。

今作はゲストボーカルにTRIADのレーベルメイトでもあったピチカート・ファイヴの野宮真貴、鍵盤に髭やWUJA BIN BINでの活躍でおなじみのgomes、チェロに1966カルテットから林はるかを迎えて楽曲制作が行なわれた。

加藤ひさしの歌詞世界が前作に比べ、よりリアリティがあり、切実な想いであったり、声を大にして言い続ければいけないことであったりと、アグレッシブなメッセージがある一方、加藤のヴォーカリストとしての歌唱力が存分に発揮されているバラードや、コレクターズの今の姿勢としてあり続けている応援ソングも含む、聴きごたえのあるアルバムになっている。

もちろん歌だけでなく、古市コータローの存在感のあるギター、阿部耕作の安定感のあるドラム、そして山森 JEFF 正之のもう何年もコレクターズのメンバーであるかのようなベース、この3人にしか鳴らすことのできない楽曲も聴きどころだ。

  • minp!音楽ニュース(2015年08月13日)
  • 制作協力:okmusic UP's