エンタメ情報まとめ minp!

タモリ、超高精細な自身の分身像に興味津々「服の中はどうなってるの? 中も見てみたい」

テレビ朝日系「ミュージックステーション」で30年にわたって番組司会を務めるタモリの分身像が、2015年8月7日(金)の同番組生放送2時間前のスタジオ内でお披露目された。


番組のオープニングをイメージしたポーズで、今にもしゃべり出しそうなリアルな存在感を放つタモリの分身像は、各分野のプロたちがその技術を結集し、約2カ月をかけて制作したもの。スタジオに登場したタモリは、3Dスキャンカメラによる360度撮影について「ぐるぐる回っているだけで、どうなっているか全然分からなかった」と特殊な制作過程を振り返り、シリコン成型後に彩色・植毛したことについては「俺も植毛してほしかったな」と笑いを誘った。

そして、実際に対面を果たすと「俺だよ、これ(笑)。ちょっと髪の毛が多いね。俺はこんな風に見られているのか」「ちょっと気持ち悪いな」「服の中はどうなってるの? 中も見てみたい」と言いながらボディタッチをするなど、自分の分身に興味津々のご様子。フィギュア職人からの「タモリさんのアルカイックスマイルのような(微笑んだ)口元の再現に苦労した」というコメントには、「口元嫌いなんだよね。締まりがない」と意外なコンプレックスを吐露し、「こっちの方がいいよ」と3Dタモリ像の口元に熱い眼差しを注いでいた。

タモリ本人も太鼓判を押すこの3Dタモリ像は、2015年8月23日(日)まで開催される大型イベント“テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION”の会場となっている、テレビ朝日社屋1階・アトリウム内のミュージックステーション特設ブースにて一般公開。夏祭り期間中はタモリ像との2ショット撮影も可能で、像の横に立つとミュージックステーションのOPテーマとともに「こんばんは、タモリです」の音声が流れる仕掛けもあるとのこと。

また夏祭り終了後には、全国で開催されるアーティストのコンサート・ライブ会場にタモリ像が番組を代表して出張する“全国キャラバン”を実施し、これまで番組を支えてきたアーティストとファンのもとへ、ライブ開催のお祝いとともに感謝の気持ちを届ける。全国キャラバンは8月下旬にスタート予定となっており、9月23日昼12:00より放送の「30年目突入!史上初の10時間SP MUSIC STATION ウルトラFES」の本番直前まで日本全国を回る。

そしてこの度、囲み会見でのタモリさんの質疑応答コメントも到着している。

今の時期のロケですよ。暑くて、一日中外にいたら死にそうになります(笑)。
10時間スペシャルも8時間くらいやってほしい(笑)。

なにもないですね(笑)。とにかく無事に終わることだけ考えています。不安も今のところないです。4時間スペシャルは年末にもやっていますから。それの倍か…これは心配ですね(笑)。

6~7年、朝ゆっくり走ったりしています。その後に軽い体操も。腕立て伏せや腹筋ですが、腕立て伏せはやろうと思えば40~50回できます。

タモリ倶楽部も30年。(出演番組の中で)一番長いですね。秘訣というのは分かりませんが、全部の番組を足したら100年以上番組やってるんですよ(笑)。一つ言えるのは、「反省しない」こと。終わったものはしようがない。反省して良くなるってことはないと思います。同じ状況は二度と来ないわけだから、反省してどうするのかと。ストレスが溜まるだけですよ。ほかは、頑張らないこと(笑)。頑張ると、見ている人がだんだんと暑苦しく感じてくるので長続きしないんです。「頑張らない」「反省しない」。でも、わたくし事ですから、あまり参考にしないでいただきたい(笑)。

  • minp!音楽ニュース(2015年08月10日)
  • 制作協力:okmusic UP's