エンタメ情報まとめ minp!

家入レオ、4年連続での『ROCK IN JAPAN FES』ステージ出演

昨年に引き続き4日間の開催となった『ROCK IN JAPAN FES 2015』。その3日目の公演となった8月8日、14時からのLAKE STAGEに家入レオが登場した。

デビューから4年連続、LAKE登場は3年連続となった家入のステージには早くから大勢のオーディエンスが集まり、8月19日にリリースとなる自身10枚目のシングル「君がくれた夏」(福士蒼汰主演、フジテレビ系月9ドラマ「恋仲」主題歌)をはじめ全9曲40分にわたる熱いライヴが披露された。

デビューとなった2012年に17歳で『ROCK IN JAPAN FES』に初参戦した家入も昨年末に20歳を迎え、今冬にリリースした3rdアルバム「20」を引っ提げて全国15公演にわたる4thワンマンツアーを大成功させて臨んだ20代初のRIJFステージは、ポップ・ロックナンバー「勇気のしるし」からスタート。 会場全体が拳を突き上げるシーンが恒例となった「Shine」に続いてはニュー・シングル「君がくれた夏」のカップリングに収録される新曲「Shooter」がこの日のこのステージでどこよりも最速で初披露された。

「家入レオです。JAPAN!最後まで楽しんでいきましょう!」という挨拶の後に「この曲で少しでも涼しい気持ちになって欲しいと思います。」とMCして始まった「君がくれた夏」そして「Silly」では、会場全体に響きわたるその伸びのある声が一服の清涼剤としてオーディエンスを大いに魅了してくれた。

後半パートに披露された「Who's That」「純情」「サブリナ」の3曲でステージをところ狭しと右から左へ、左から右へと走り回った家入レオ。「今日も最高に楽しかったです!」とストレートな想いをぶつけて歌い始めた「TWO HEARTS」で、会場に集まったオーディエンスと最高の一体感をもってこの日の40分にわたる熱いステージを締めくくった。

シングル「君がくれた夏」はオフィシャルYouTubeでの再生回数は既に230万回を超え、着うた(R)も好評配信中となっているのでこちらもぜひチェックしてみたい。

  • minp!音楽ニュース(2015年08月09日)
  • 制作協力:okmusic UP's