エンタメ情報まとめ minp!

「表参道高校合唱部!」第4話、“女々しくて・学園天国・サボテンの花”合唱メドレーで情熱を取戻せ!

出演者自身によるフレッシュな合唱が感動を呼んでいる、金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」。第4話では、顧問・鈴木有明(城田優)が元部員に訴えられて自宅謹慎というピンチの中、出場することになったイベントで新旧人気ポップスの合唱メドレーに挑戦するという。

■新旧人気ポップスを合唱メドレーで披露

今回、真琴(芳根京子)ら合唱部は「原宿祭り」というイベントに、学校近くの敬老会と子供のグループと一緒に出場することになり、そこでゴールデンボンバー「女々しくて」、チューリップ「サボテンの花」、フィンガー5「学園天国」、合唱曲「夏の思い出」をメドレー形式で合唱する。

■「女々しくて」
記憶にも新しい人気グループ・ゴールデンボンバーの2012年の大ヒット曲。カラオケでも長期にわたり連続一位を記録するなど、近年一番良く歌われる唄の一つといえる。また、この番組主題歌のLittle Glee Monsterもカバーバージョンをリリースしている。

■「学園天国」
“アー・ユー・レディ”の掛け声で始まる、1974年に当時の人気アイドルグループ・フィンガー5のミリオンセラー。後に小泉今日子や慎吾ママ(SMAP・香取慎吾の扮するキャラクター)など多くのアーティストにカバーされた。

■「サボテンの花」
ニューミュージックというジャンルを確立したチューリップの1975年リリースの9thシングル。93年にドラマ「一つ屋根の下」主題歌として、チューリップのリーダー・財津和夫のソロバージョンがリリースされ、再び大ヒットした。

■「夏の思い出」
多くの音楽の教科書にものっている“夏がくれば思い出す~”という歌い出しで有名な、1949年に発表された名曲。

今回のラインナップも合唱アレンジが楽しみな選曲だが、特に「女々しくて」や「学園天国」などの“歌って踊れる”ナンバーについては、振り付けがあるのか?どんな振り付けで合唱するのか?についても注目ポイントだ。

■急展開のストーリー、合唱で“情熱”を取り戻せるか?

ようやく部員が8人集まり廃部を免れて「原宿祭り」という舞台に立つことができることになった合唱部。
しかし、顧問・鈴木有明(城田優)は、5年前のとある大会で出した“指示”により合唱に失望し自殺未遂を図って合唱部から去った元部員・小山田周二(中河内雅貴)とその母・綾子(古村比呂)から訴えられてしまう。自宅謹慎処分になってしまった有明。「原宿祭り」に向けて合唱部は練習をしなくてはならないのに、部長の相葉廉太郎(泉澤祐希)ではメンバーをまとめきれない。
真琴たちは、合唱部に少し魅力を感じ始めた副顧問の瀬山えみり(神田沙也加)とともに、有明を合唱部に引き戻すために、周二を説得し訴えを取り下げてもらうために奔走する。

有明の心に合唱の“情熱”が戻り見事合唱メドレーを成功させるのか、そして元教え子の周二とも和解できるのか、気になるポイントだ。

また、次回予告篇のテロップで“離婚の危機”と出ていた事にお気づきだろうか、どうやら香川家にも何か展開がありそうだ。

波乱含みで気になる、第4話は、8月7日(金)よる10時よりTBS系列で放送。

  • minp!音楽ニュース(2015年08月06日)
  • 制作協力:okmusic UP's