エンタメ情報まとめ minp!

「もっと評価されるべき」ふかわりょう、音楽活動10周年の新曲PV公開

今年芸人活動15周年を迎え、同時進行でDJネーム、ROCKETMAN(ロケットマン)として音楽活動10周年を迎えたふかわりょうの新作PV『HAPPY END OF THE WORLD』がYOU TUBE、ニコニコ動画など動画投稿サイトにアップされた。

TVではいじられ芸人として活躍しながら、今まで10年間、地道に全国各地のクラブを周り、自分自身で作詞・作曲・ボーカルなどをこなしてきたふかわ、巷では音楽活動に関して「もっと評価されるべき」との意見も多く4月に配信したシングル『dancemusic』はiTunes総合チャート1位、『HAPPY END OF THE WORLD』がiTunesチャート(ダンス)をそれぞれ獲得するなど徐々に認知されつつある。

今回の『HAPPY END OF THE WORLD』のPVは、「WORLD」「LOVE」などを表現するために、日本だけでなく、膨大な世界中の素材を使用し、曲の世界観を表現。これまで作品を発表するごとにネット上で必ず巻き起こっていた「本当にふかわが作ったのか?」との疑心暗鬼なコメントにも今回映像上で初公開となるDJ姿で答えている。

  • minp!音楽ニュース(2010年11月16日)
  • 制作協力:okmusic UP's