エンタメ情報まとめ minp!

「海のトリトン」初商品化音源も含むサントラリリース、続いて「忍者キャプター」「キャンディ キャンディ」「サーキットの狼」も

未商品化・未CD化の貴重な音源を辿る「Columbia Sound Treasure Series」より、第3弾『海のトリトン オリジナル・サウンドトラック』が7月29日にリリースされた。


「宇宙戦艦ヤマト」と同じくアニメブームを巻き起こした名作「海のトリトン」では、“コルゲン”の愛称で親しまれている鈴木宏昌が音楽を担当。その革新的なスコアの数々は、当代きっての凄腕ミュージシャン達によるグルーヴ感溢れるセンセーショナルなサウンドに仕上がっており、今なお高い評価を受け続けているという。今回は、1979年のLP発売以降、長らく未CD化であった名盤『海のトリトン テーマ音楽集』に加え、初商品化音源も収録した充実の2枚組でのリリースとなり、8月26日には完全生産限定盤LPのリリース、さらにはハイレゾ配信の実施も決定している。

また、ディスクユニオン全店(一部店舗除く)では、CD『Columbia Sound Treasure Series「海のトリトン オリジナル・サウンドトラック」』および8月26日発売のLPの先着購入オリジナル特典として、ポストカード5枚セットをプレゼント中。特典は無くなり次第終了になるそうなので、気になる人は早めのチェックをお忘れなく。

なお、「Columbia Sound Treasure Series」の第4弾『忍者キャプター SONG & BGM COLLECTION』が8月26日に、第5弾『キャンディ キャンディ SONG & BGM COLLECTION』が9月30日にそれぞれリリースされるほか、第6弾が「サーキットの狼」(1975年より週刊少年ジャンプ連載)になることも明らかに。各情報の詳細ならびに試聴については、シリーズ特設サイト(http://columbia.jp/soundtreasure/)を参照されたい。


「海のトリトン」(C)手塚プロダクション・東北新社

  • minp!音楽ニュース(2015年08月01日)
  • 制作協力:okmusic UP's