エンタメ情報まとめ minp!

宇多田ヒカル、EMI Musicと全世界契約を発表

年内をもってアーティスト活動を休止すること発表している宇多田ヒカルが、自身のマネジメントオフィスであるu3musicと共に<EMI Music>と全世界での契約に合意したことを発表した。

1998年のデビュー以来、日本国内での契約に関しては<EMI Music Japan>、海外は<UNIVERSAL MUSIC>傘下の<Island Def Jam>からUTADA名義で作品をリリースしてきた宇多田ヒカルだが、今回EMIとのワールドワイド契約によりリリースをEMI Music一社にし名義も「宇多田ヒカル」に統一する。

そんな彼女だが、11月24日(水)にベストアルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』を発売、12月8日、9日には横浜アリーナでのプレミアムコンサート以降は無期限活動休止を宣言しおり、今後の音楽活動が不透明な中の契約発表となるが、EMI Group のCEOであるロジャー・ファクソン氏は
「私たちはEMIの世界的ネットワーク、専門性、情熱が、素晴らしい才能を持つ宇多田ヒカルというアーティストに貢献し、音楽やクリエイティビティをサポートし続けていくことを大変うれしく思います」とコメント、時期は明言していないものの、彼女の音楽活動がこの契約を機に近い将来復活することも示唆している。

  • minp!音楽ニュース(2010年11月09日)
  • 制作協力:okmusic UP's