エンタメ情報まとめ minp!

「表参道高校合唱部!」第2話は、定番「翼を下さい」で“唱(う)ったえる”

“合唱って素晴らしい”、“こんなストレートでピュアな学園ドラマを待っていた”との声が多数あがっている、金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」。注目される7月24日(金)放送の第2話では、定番「翼を下さい」にチャレンジすることがわかった。

第1話では、廃部寸前の合唱部を立て直そうとする、真琴(芳根京子)の行動を気に入らいない谷優里亞(吉本実憂)達“1軍”のいやがらせにもめげず、最終的に全校生徒の前で素晴らしい「Over Drive」の合唱を披露し、ポップスと合唱の新しいアレンジで感動を呼んだが、第2話では、部員なのに、とある理由で不登校を続ける、宮崎祐(高杉真宙)の頑なな心を開くために合唱部全員で心を込めて合唱する場面で「翼をください」が披露される。

■翼をください

1971年にフォークグループの赤い鳥によって発表された曲。後に様々なアーティストによってカバーされる。

■ひとつの朝

もう一つの登場曲がこの「ひとつの朝」。こちらも合唱コンクール等でよく唄われる定番曲。

「翼をください」は小学校や中学校の音楽の授業で、必ずと言っていいほど誰もが歌ったことがある定番中の定番といえる曲だけに、この第2話のクライマックスでどういう形で合唱されるのか、非常に注目される。

注目の第2話は、7月24日(金)よる10時よりTBS系列で放送。

  • minp!音楽ニュース(2015年07月23日)
  • 制作協力:okmusic UP's