エンタメ情報まとめ minp!

神聖かまってちゃん主題歌&みさこ主演、女子中のトイレ“だけ”が舞台のドラマが映画化

7月19日に、現在GYAOで無料配信されているドラマ「女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。」劇場版の完成披露会見が行われ、同時に主題歌として神聖かまってちゃんの「自分らしく(2015年新録音ver)」が決定したことがわかった。

主演は神聖かまってちゃんのみさこ、共演は蒼波 純、現役の中学生アイドル17名が出演し、とある女子中学校のトイレ(のみ)を舞台に、子供でも大人でもない【女子中学生】が、“女子ごころ”を洗いざらいにして、流すことのできない“感動!?“をくりひろげるという内容。

この日登壇したのは、みさこ、蒼波純、久間田琳加、吉田凜音、鈴木まはな、甘南備由香、森本奈々、森本寧々、西本まりん、斉藤ナディア、花形光音、行場桃花、島野結雨、吉崎莉愛、白石和彌監督、水野しず(劇中イラストを担当)。

主演のみさこ(神聖かまってちゃん、バンドじゃないもん!)は「役のれんげと私はかなり共通点が多くて、演技をするというよりは、等身大のまま、特に飾らず自然体で演じるこができた。」と自身の演技を振り返る。

また共演の蒼波 純は「大川さんは変人で(笑)トイレで絵を描いているんですけど。いつも静かな役が多いので、今回の乱暴ものっていうか・・こういう役がすごい新鮮で楽しかった。」とコメントしている。

また白石和彌監督は「現役の中学生がたくさん出演する作品自体があまりないし、その中でみさこさんはじめ、皆さんが生き生きとやってる感じが伝われば、作品として満点。」と作品に自信をのぞかせている。

現在配信中ドラマ全12話に、トイレ以外での彼女たちを描いた未公開エピソード盛り込み、新たに【前編】【後編】の二部作として8月下旬より劇場公開予定とのこと。

■キャスト・監督からのコメント

(c)2015女子トイレ清掃組合

  • minp!音楽ニュース(2015年07月20日)
  • 制作協力:okmusic UP's