エンタメ情報まとめ minp!

サカナクション、4年の歳月を経て「years」がMV化

サカナクションが8月5日にリリースするアルバム『懐かしい月は新しい月~Coupling & Remix works~』。その収録曲「years」のMVが公開された。

2011年7月にリリースされたシングル「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」のカップリングとして発表された「years」。今回のアルバム『懐かしい月は新しい月』をリリースするにあたり、新進気鋭の映像クリエイターである山田智和の手により、4年の歳月を経て映像作品化された。

本作をMV化するにあたって、テーマとなったのが“都市の感情”。変容のただ中にいる“2015年(今)の東京”を、一人の少女が駆け抜けていく。圧倒的なダイナミズムとミニマリズムを有する映像世界は、観る者にさまざまな解釈を想起させる意味深い内容となっている。

山口一郎(Vo)がSNSを通じて人々が抱える震災直後の“不安”を描写し、いわば2011年の時代を切り取った楽曲である「years」。美しい旋律の中に混沌とした時代が封じ込まれた名曲で、ライヴでも頻繁に披露され、カップリング曲ながらサカナクションの代表曲とも言える。4年の歳月を経た2015年の人々の感情を映像表現化した今回のMV。受け手であるリスナーそれぞれが楽曲から受け取る世界がこの映像を観ることにより、どのように変容するのか。楽曲が持つ時代性の変化を再確認する意味でも、敢えて2015年の今、映像作品化された本作は必見だ。

「years」MV
https://youtu.be/um9pIpt8RB8

  • minp!音楽ニュース(2015年07月16日)
  • 制作協力:okmusic UP's