エンタメ情報まとめ minp!

中国発の女性ユニット、BENYLANが日本デビュー

中国発の女性ユニット、BENYLAN(ベニラン)が1stミニ・アルバム『FREE AS THE WIND』で日本デビューを果たした。

9月に東京・博品館劇場で行われたデビュー・ライヴまで詳細は“非公開”とされていた為、SNSなどネットユーザー間でのみ注目を集めていた彼女たちだが、遂にその正体が明らかになった。

10月6日(水)にリリースされた本作は、ダンサブルな曲調に日本語歌詞をのせたデビュー曲「Milkyway」、先のデビュー・ライヴで好評を博した「Sakra Graduation」、そして彼女達の念願でもあった本格的なR&Bバラード「TERMINAL」を含む全6曲を収録。R&Bとハウスを融合させたサウンドと、BENYとLANによるパワフルなヴォーカルが特徴となっている。

今回は母国・中国に先駆けての日本デビューであるが、今後はアジア全域での発売を予定しているとのことで、新たな活動情報については決定次第オフィシャルサイトからも発信していく。


1st mini album『FREE AS THE WIND』
2010年10月6日発売
CSTT-0001 ¥1,575(税込)
[収録曲]
1. MILKYWAY
2. LOST
3. U CAN'T DANCE
4. WALKING ON THE STARS
5. TERMINAL
6. SAKRA GRADUATION

  • minp!音楽ニュース(2010年10月07日)
  • 制作協力:okmusic UP's