エンタメ情報まとめ minp!

稚菜、Mr.Childrenの「Tomorrow never knows」をカバー

今日も雨
明日も雨
明後日も雨
この梅雨の時期によく聞く天気予報の言葉

雨って憂鬱な気分になる人も多いだろう。
街自身もどこか物悲しげな表情を漂わせている気がする。

そんな雨がもたらす空気が、私は意外と好きだったりする。
雨が降ると、周りの音がいつもより遠くに聴こえる。
その為なのか神経が研ぎすまされて、私の周りだけ世界が浮き出て見える。
浮き出て聴こえる。
そんな不思議な感覚。
いつもは視覚でものを見て生きているけれど、
雨の日は聴覚でものを見る感覚に私はなるんです。
そんな風にいつもと少し違う世界を見せてくれるから、
だから何だかわくわくしてしまうのだろう。

そしてもう一つ。
傘をさして、傘にあたる雨粒の音を聴きながら物思いに耽る。
昔の、何だかちょっとだけ寂しくなってしまう様なそんな想い出を思い出しながら。
徹底的にネガティブになってみる。笑
なぜかって?
晴れている日には、そんな悲しい気分にはなりたくないから。
やまない雨なんて絶対にない。
雨がやんだ次の日は、必ず綺麗な青空が待っている。
その空模様が私は大好きなんだ。
それと同じ様に、自分に悲しい事があってもそれがずっと続く訳ではない。
私自身は、雨自身が作り出す物悲しい雰囲気に便乗して悲しい気分を、感情を、
全て吐き出せば、心が晴れる事が分かっているんです。
悲しい事や辛い事があるから、楽しい事や嬉しい事にも気付く事が出来る。
一見マイナスに見える感情も、自分をつくる一つの感情になるから、
なくしてはいけない気がする。
だからあえて、そんな気分に浸るのだ。
雨は私のストレス発散法の一つなのかもしれないなぁ、
なんて事を今書いていて思いました。笑
私にとって、過去の想い出とともに生きるのが雨なのかもしれません。
これが私なりの雨との付き合い方。
梅雨明けまではもう少し、この時間を楽しもうと思います。

今日の一曲。
Mr.Childrenで「Tomorrow never knows」
これだけ雨の事語っていて雨の歌じゃないのかよ!って思われたかもしれませんね。
すみません。笑
でも私にとってこの曲は雨が降っている日に聴きたくなる曲。
前を向こう!負けるな、頑張れ自分!
そんな風に励ましてもらえる様な曲で。
尊敬するミスチルの曲の中で私が一番好きな曲なんです。
これを歌いたかった。
是非聴いてみて下さい。
https://youtu.be/AI8CYmzGehU

それでは。

  • minp!音楽ニュース(2015年07月10日)
  • 制作協力:okmusic UP's