エンタメ情報まとめ minp!

黒川監督&小野大輔さんが語るTVアニメ「心霊探偵八雲」とは?

2010年10月3日からNHK BS2にて放送がスタートするTVアニメ「心霊探偵八雲」より、完成試写会&記者会見の公式レポートが到着しました!

監督の黒川智之さん、そして主役の八雲役とOP曲「Key」を担当する小野大輔さんが熱き想いを語った内容はまさにファン必読。読めば作品への期待感が高まること間違いなしです!

--------------------------------------------------------

TVアニメ新番組「心霊探偵八雲」の完成試写会&記者会見開催!

●30分弱の作品なのに長編劇場用作品を見たような満足感

 この日、初めて完成版を見た小野さんは「とても重い作品だなと。30分弱の尺が長く感じました。まるで長編劇場用作品を見た後のような満足感といい意味での疲労感があります。八雲は霊が見える目を持っていることからストーリーが動いていきますが、霊現象から起こった事件を解決することが真のゴールでなく、目の前の闇に逃げず、その先にある光を仲間達と追い求める作品なのかなと思っています。そしてこの作品の本質は人と人との絆なんだなと改めて感じました」と充実感に満ちた表情で語っていました。
 この後に行われた質疑応答でもこの作品が八雲の成長や人間ドラマを描いた作品であることを黒川監督や小野さんが重ねて強調していました。


●ボリューム感のある物語を13話に濃縮。オリジナルエピソードも

(質疑応答)

——監督が映像化する上で苦労されたところは?

黒川監督:メイン扱いのキャラの数が多いので、それぞれの魅力を13話の中でどれだけ描けるか、でした。この作品を、僕は本音と建前の物語だと解釈していて、登場人物はみんな不器用で本当の自分を隠して生きているところがあります。そこにスポットライトを当てて、例え物語の軸にならなくても見え隠れさせることで、視聴者の方にキャラの魅力や悲しみなどが伝わればいいなと。ストーリー軸の中にキャラをどう絡ませていくかは、シナリオ上も演出上も一番気をつかったところです。

——アニメならではという部分があったら教えてください。

黒川監督:オリジナルエピソードが何話か入っています。原作の文庫本巻末に“添付ファイル”という短編の心温まるお話もあって、大きな事件の合間に、ちょっと気分転換的な、ライトで心温まるエピソードを挟みました。
原作のボリューム感や情報量が相当多いので、13話の中でどこまで描けるかという難しさはありますが、エピソードの幹はしっかり守って、それによって八雲がどう変化していくかはきちんと原作に沿って作っているつもりです。
小野さん:ご本人(川崎氏)が来ている前で言うのもなんですけど、構成が見事です。あれだけのボリュームのある原作を、短い本数の中に収めるのは不可能じゃないかと思っていましたが、一番大切なところは崩さず、アニメならではの展開だったり、演出が入ってて。また温かいオリジナルエピソードが入ったことで作品の本質が見えやすくなったんじゃないかと思います。


●“八雲=苦しみ”を感じながらもその先の希望を見ながら演じた

——小野さんはアニメ化の前にリリースされたドラマCDでも八雲を演じていますが、その時とアニメでの演じ方の違いはありましたか?
小野さん:そこはあまり差はないですね。演じててずっと思っていたのは「苦しいな」、“八雲=苦しみ”でした(笑)。でも苦しみや闇の先にはちゃんと光があって。八雲と一緒に自分も成長できたのかなと思ってます。

——(ミステリー)ものにつき物の怪奇現象などに遭遇されませんでしたか?
小野さん:特になかったですね(笑)。収録の前の週にみんなで神社に行って、お祓いをしてもらいました。その時から『八雲』チームの絆が作られていたのかなと思います。

----

TVアニメ「心霊探偵八雲」

2010年10月3日(日)23時よりNHK BS2にて放送開始予定


(C)神永学・角川書店//NHK・総合ビジョン

  • minp!音楽ニュース(2010年10月02日)
  • 制作協力:okmusic UP's