エンタメ情報まとめ minp!

坂本真綾×菅野よう子×岩里祐穂が再集結、「コードギアス」第4章主題歌を発表

2015年7月4日より劇場上映がスタートした「コードギアス 亡国のアキト」第4章「憎しみの記憶から」の主題歌が、坂本真綾の歌う新曲「アルコ」であることが明らかになった。


同曲では、デビューシングル「約束はいらない」をはじめ、「コードギアス 亡国のアキト」第1~3章の主題歌「モアザンワーズ」等々、数々の名曲を世に送り出してきた“坂本真綾×菅野よう子(作編曲)×岩里祐穂(作詞)”の3人が再集結。壮大でドラマティックなバラードに仕上がっているそうで、坂本自身もヒロイン“レイラ・マルカル”役の声優を務める「亡国のアキト」のストーリーとも深くリンクしているとのこと。

なお、坂本真綾の20周年記念プロジェクトの方にも近く新たな動きがある模様…。気になる人は続報のチェックをお忘れなく。そしてこの度、新曲「アルコ」に関する坂本真綾さんからのコメントも到着している。

■坂本真綾さんコメント

物語も佳境に入る第四章にはどんな楽曲が合うか監督と話し合いながらつくっていきました。前章まで主題歌になっていた「モアザンワーズ」は、アキトの瞳のように憂いに満ちて重々しい雰囲気になっていましたが、少しずつ変わってきたアキトの様子にもシンクロして、「アルコ」では優しさや未来への期待なども感じられる曲になっていると思います。
菅野よう子さん、岩里祐穂さんのコンビにふたたび「コードギアス亡国のアキト」のために楽曲を書き下ろしていただきました。ぜひ劇場で聴いていただきたいです!

  • minp!音楽ニュース(2015年07月04日)
  • 制作協力:okmusic UP's